2014年03月19日

3.16 アマチュア大会 & TREASURE HUNT5

3.16(日) 大森ゴールドジムにてアマチュア大会とプロ興行TREASURE HUNT 5が開催されました。

【アマチュア大会】 5選手出場

〜Bクラス〜

【外丸 哲也】
今回が初試合となる外丸さん。
序盤から積極的に仕掛けるが、中盤からヘッドギアを気にするように・・・。
試合中レフェリーから言われ気が付いたのですが、ヘッドギア上部の紐が無く、動く度にズレ落ちてしまう状態で戦っている事が判明・・・。
試合を中断し紐を捜して付ける訳に行かず、やむなくこの状態で続行。
ヘッドギアのハンデのまま、戦いに集中できず相手選手に盛り返され判定負けとなってしまった。
試合前の準備で気が付かず・・・反省と共にヘッドギア上部の紐って大事なんだなと思いました(ごめんなさい)。

【合川 雅夫】
試合を重ね、本来の動きが試合で発揮しつつある合川選手。
今までは合わない距離からパンチを振るって組み付かれ思う打撃を当てられない、組んでも力みすぎてスタミナを消耗してしまう場面があった。
今回は序盤から強いミドルキックを当て主導権を握る。
途中力みすぎで硬くなりかけたが、蹴りでペースを取り戻し、コーナーに詰めパンチを連打したところでレフェリーがダウンを宣言。
ブレイク後ダッシュで襲い掛かり、相手選手がしゃがみかけたところにレフェリーが割って入りストップ。試合終了1秒前でKO勝利となった。今回は左ミドルが良かったです。
パンチが届かないが蹴りが当たり、十分に遠心力を効かせて当てる距離で、スピードは力みすぎず体制が崩れずパンチをつなげられる状態で蹴っておりました。

〜Aクラス〜

【宮野 昌紀】
相手選手は宮野選手より身長が高く、センチャイムエタジムさんの選手・・・。
となると・・・首相撲からの膝地獄を予想・・・
予想通りの膝地獄で、2回目の膝連打を受け続けた場面でストップが入ってしまいました。
普段の練習で首相撲はあまりやる機会が無かった宮野選手。
こうなってしまうと試合中にできること、すべきことが限られてしまう・・・。
首相撲ありルールは展開により、見る側やる側にも難しく奥深い部分があります。
逆を言えばパンチの強い相手に対し、あまり打たれ強くない選手でも対抗できる武器、そういう相手にも上回ることができる攻撃と防御でもあると思います。ただ練習や経験で培われた技術の差が如実にでてしまうルールでもあります。
前置きが長くなりましたが・・・練習していきましょう。

〜Sクラス〜

【日下 滉大】
着実に力をつけ、最近は力強さも出てきている日下君。
序盤からミドルキックとパンチ連打で攻める。
相手選手も強敵、バランスよい攻撃とパンチをヒットさせ日下君を仰け反らせる場面も。
試合後、本人曰く「1Rは取られたと思いました」言っていた通り、2Rはその分を取り返すべく手数と圧力をかけ、組みの展開では膝をヒットさせる。
実力伯仲で拮抗した内容であったが、手数と常に攻めの姿勢が評価されたか判定勝利を収めた。
試合後、本人は反省しきりであったが、常にもっと上を目指し練習もがんばっており伸びしろ十分、
OGUNIプロデビュー前選手でイチバンの注目株であります。
2014.3.16殊勲賞.jpg日下選手・殊勲賞を受賞

【富士山 勝敏】
今まではパワフルな攻撃が魅力だが、力みすぎて動きが硬くなる場面もあった富士山選手であったが、試合経験を重ねる毎に攻撃に滑らかさが出てきております。
今回も力強さを保ったまま流れる様に攻撃を繰り出しておりました。
前回の試合から今回まで、練習では左の攻撃、パンチからローのコンビネーションを重点的に練習してきた・・・と見ておりましたが、試合でもその通りの攻撃を仕掛けてくれた。
左フックから入る攻撃、ストレートから左ミドルといったセコンドの声を聞いた直後に出してくれた。
もちろん練習していたからこそ出せた攻撃で、指示は不要だったと思いますが、セコンドの声を聞きそれをすぐに出す冷静さと反応、その攻撃がダメージを与えKO勝利につなげる決定力、見事でありました。
結果は1RKO勝利でしたが、今回の富士山選手は実践での攻撃幅がまた広がったと見ました。

2014.3.16 2.jpg富士山選手

【TREASURE HUNT 5】
プロ興行に山田・山崎・淳士の3選手が出場

【山田 誉主哉】
今回がデビュー戦。
仕事の都合で夜間のプロ練習は参加できず、昼間部(久しぶりの表現)練習のみで試合に臨む事になった。しかしプロ練習と変わりない練習内容をがんばり、他ジムにも出稽古にも赴きこの日を迎えた。
「多分僕勝っちゃうと思います」
「相手パンチが来たらガードしないで打ち合いに行っちゃうと思います」
等々、試合前にいつもの明るいキャラとあまり重みの感じられな軽い口調(笑)から色々と名言を言ってくれていたが、ほとんど聞き流していたので他は忘れました(笑)。
試合が始まると言葉通り真正面から攻撃を仕掛け真っ向勝負。
パンチ連打からスピードの乗ったローをヒットさせる。
相手選手も攻撃を返すが、山田君はひるまずさらにローを追撃、すると山田君のローで足を痛め背中を向けた姿勢の相手選手にレフェリーがダウンを宣告。
10カウント内でファイティングポーズを取らなかったのでそのまま1R57秒ローキックでのKO勝利となった。
アクシデント的な部分もあったかもしれないが、あの足の状態での続行は、相手選手の今後を考えてもレフェリーの判断は正しかったと思います。
本人は緊張はしていないと言っていたが、リラックスしつつも練習から試合によい集中ができていたと思います。
その証拠に試合から開放された山ちゃん。勝利直後もチョロチョロリングを動き回り、ザキヤマ君の試合でも勝利後に乱入し会長から怒られておりました(笑)。
まあ友達想いの全力応援から出た姿勢故お許しください。
もっと練習でがんばった事を試合で発揮したかったみたいですが、見事なKO勝利でした。

【山崎 遼太】
前回はデビュー戦をKO勝利したザキヤマ君。
今回もたくさんの声援で入場し会場を盛り上げる。
試合は前に出てくる選手に左ミドルを当て、またしても右のパンチで顎を打ち抜きダウンを奪う。
再開後も直ぐにパンチをラッシュしダウンを奪い1RKO勝利。
デビューから連続KO。力任せに振るうパンチでなく、顎を打ち抜き脳を揺らすパンチ、もちろん練習や努力の賜物というのもありますが、どちらかというと練習時の方がパンチに力みがあり、あきらかに試合の方が力まず打ち抜いておりました。当て勘というか持って生まれたものもあると思います。
OGUNIコーチ陣はこの魅力ある攻撃力を活かしつつ、他ももっと伸ばせる様サポートしていきたいと思います。

2014.3.16.jpgWヤマちゃん(山田&山崎)

【淳士】
今回より、淳士選手のかつての仲間であった中山支部長が主宰するOGUNI埼玉支部「KSクレバー」所属となった淳士選手。OGUNI-GYM所属選手として出場となった。
序盤から前に出てくる相手選手をサウスポーからジャブやパンチ、ストレートを的確に当て、相手ペースにさせず主導権を握る。相手がサウスポーの構えると右構えにスイッチし、右の攻撃を主体に切り替える。
後半は相手のスタミナが落ちてきたのを見て近距離での攻撃手数を増やし、終始試合ペースを握り3-0の判定勝利を収めた。
サウスポーはこの試合に向けての作戦だったそうで、それを見事にやりきり勝利につなげました。
淳士選手は相手選手を圧倒する体力や強打がある訳でもないが、それを補う駆け引きや戦術を駆使し得た勝利。頭を使い冷静に作戦を実行しての戦い、勉強になりました。

2014.3.16淳士.jpgJUNJUNこと淳士選手

4/13タイトルマッチを控えた鈴木翔也選手
朝からサポートしてくれありがとう。
2013.6.30 翔也.jpg しょうちゃんありがとう
posted by 管理者 at 17:43| Comment(3) | OGUNI NEWS

2014年03月15日

3/16 TREASURE HUNT 5

3/16(日) 大森ゴールドジムにてTREASURE HUNT 5が開催されます。

OGUNIから3選手が出場

山田 誉主哉 選手
今回興行の第一試合に出場する山田君。
アマチュアで試合経験を積み今回デビュー戦を迎えた。
明るく天真爛漫なキャラで会長・コーチからもかわいがられている。
思い切りの良い攻撃に期待!
次に出場する友人でもある山崎選手に勝利でつなげてくれることでしょう。
DVC00177.jpgヤマダ ヨシュヤ

山崎 遼太 選手
デビュー戦は見事なKO勝ちで飾った山崎君。
多彩な蹴りと強いパンチが魅力のザキヤマ選手。
減量もバッチリの様で今回も魅せてくれるでしょう。
zaki13.10.6.JPGヤマザキ イチバン

淳 士 選手
今回よりOGUNI埼玉支部の所属となり中山支部長と共に試合に挑む。
落ち着いた試合運びと駆け引きで移籍しての緒戦、勝利なるか!


プロ興行前にはアマチュア大会が開催されOGUNIからも選手が出場します。(結果と詳細は試合後日)

4月の後楽園興行でOGUNIを代表するサウスポー王者、米田/中須賀の2選手が正式に引退します。
この王者二人に近づける可能性ある選手の出現に期待。


posted by 管理者 at 01:32| Comment(0) | 試合情報

2014年02月17日

NJKF興行

2/16後楽園ホールにてNJKF興行がありました。
KEN・関根の2選手が出場。

関根 朝之
2戦目で対戦したHIROSHI選手と、今回は58.5kgの契約体重での一戦となった。
動きまわり前回苦戦した組みの展開にも対応し、パンチの有効打で上回り判定勝ちを収めた。
色々課題もありますが、これからより一層がんばってくれる事を期待しております。

KEN
1Rにストレートから左フックをドンピシャのタイミングでヒットさせダウンを奪う。
後半相手選手の反撃に下がりピンチの場面もあったが、膝も効かせ盛り返し判定勝利。


DVC00201.jpgKEN&関根

posted by 管理者 at 22:40| Comment(0) | OGUNI NEWS

2013年12月31日

2013年をざっと振り返る

プロ選手試合を軸に2013をざっと振り返ってみます

2/17 NJKFにて凌太選手がタイトルマッチで王者に挑戦するもタイトル奪取ならず。

3/10 BOUT/北海道に当初出場予定選手に変わり代役としてコーチの大谷君が出場。本当に急な話でかなり無理をして出場してくれた。負けてしまったが漢を見せてくれた。
鈴木翔也選手が去年12/26の沖縄の次は北海道という連続で沖縄→北海道で試合という選手は自分の記憶では初でありました。
メインは去年から札幌に拠点を移し、GRABSを主宰するTOMONORI選手が締めてくれた。

3/20 KRUSH 一輝がKO勝利・・・2013年の試合はKRUSHのみでありました。


4/7 市原体育館/新日本キックに鈴木翔也が出場し勝利、去年からの遠征シリーズを全て勝利。

4/12 ジム内照明をLEDに付け替えました。

4/21 TREASURE HUNTにて関根朝之選手がプロデビュー。

4/29 NJKFにNJKFバンタム級王者となった幸二朗が出場するもDRAW。


5月 小国ジム時代から選手として、現役引退後はコーチとしてジムを支えてくれた高津さんが仕事の都合でジムから離れる事に。
今までありがとうございました。

6/30 ムエタイオープン、関根朝之選手がプロ2戦目に望むも連敗となってしまった。

7/15 NJKF 凌太選手が香港の膝王に勝利、MOMOTAROが元王者に勝利。

9/15 大阪/誠至会 凌太・鶴谷の2選手とも敗戦。

10月 凌太選手が拠点を故郷福岡に移す為、OGUNIを去ることに。
今後もOGUNI所属として試合も行っていくが、キック指導も地元福岡で頑張ってくれております。

10/6 TREASURE HUNTにて山崎遼太選手がプロデビューし見事KO勝利。関根選手もうれしい初勝利。

10/14 NJKF 中須賀選手がWBCムエタイ日本・幸二郎選手がNJKFのタイトルを返上・・・引退へ。

10/23 フィリピンで行われる興行にMOMOTAROが急遽出場。結果は額をカットされTKO負けとなったが、出場を決意するまでの過程や試合以外での経験は今後に活かしてくれると期待。

12/1 ムエタイオープンに関根選手が出場し勝利。戦績を5分に。やる気十分、2014はOGUNI期待の選手です。

12/14 KRUSHに鈴木翔也選手が出場し2013年全勝を狙うも悔しい判定負け。最後は悔しかったが、2014もバンバン試合をして活躍を期待。

12/15 TENKAICHI/沖縄にてMOMOTARO選手が出場。2013は悔しい想いもあり、海外での試合ありと色々あったが、最後はKO勝利で締めた。キックに打ち込む環境も整いつつあり、2014は更に期待。

12/23 イノベーション TOMONORI選手が怪我で延期になっていたWBCムエタイインターナショナルフライ級王座決定戦に出場。
万全で挑ませてあげたかったですが、開始直後に受けた蹴りで右腕が破壊されてしまい全くいつもの動きができませんでした。しかし言い訳は一切せず全力で挑んだ姿は選手のお手本であります。
しかし加藤選手、予測はしておりましたし、反応してガードしていたにも関わらず見事な蹴りでした。

2013プロ戦績 32戦14勝(3KO) 17敗1分 となりました。

プロデビューした選手や新たに加わった仲間も多数おりましたが、
自分的には王座返上・引退、ジムから離れる人・・と「別れ」が記憶に残る1年でありました。



来年もよろしくお願い致します



posted by 管理者 at 01:33| Comment(0) | OGUNI NEWS

2013年12月09日

12月の予定

<ライセンス更新>
恒例のNJKFライセンスの更新の時期となりました。
更新が必要の方は下記を準備して27日までにジムにて会長/コーチに提出してください。
・ライセンス申込書(ジムにあります)
・貼付用の写真(3.5cm×2.5cm)←大体の寸法でよいです
・更新料(A/Bライセンス・トレーナー・マネージャー・入場許可証により異なるので申込書参照)

<ジム大掃除>
28(土)17時〜です

<ジム冬休み>
12/28(日)〜1/5(日)
冬休み中は基本休館となりますが、
練習希望者はジムにて会長/コーチに伝え冬休みの利用の説明を受けてください。
posted by 管理者 at 21:22| Comment(0) | お知らせ

2013年12月03日

ムエタイオープン25

12.1 (日)新宿FACEにてムエタイオープン25が開催され、アマチュア大会に4選手、プロ興業に関根選手が出場。

アマチュア大会 Aクラス 2分2R 首相撲 回転技有

スーパーウェルター級 合川 雅夫
長身の相手選手に序盤から組みの展開に持ち込まれ、なかなか思うような攻撃をヒットさせることができず判定負けとなってしまった。
試合前に組んで行くつもりと話していた合川君。
試合後、長身相手に組みに行くのは難しいし組み膝はやりにくかったです・・・と言っており、実際やってみて実感した様であります(笑)
前回よりは硬さは取れていたので次に期待しております。

バンタム級 日下 滉大
序盤から両選手ともキック、パンチ、組みの攻防の展開が激しいハイレベル試合となり、強敵相手に終始攻撃を出し続け僅差であったが勝利を収めた。
試合が始まってすぐ、相手選手の動きや攻撃を見てかなりレベルの高い選手であると実感しましたが、それに怯まず攻撃を出し続け、蹴りを主体にパンチや組みの展開でも互角以上の攻防をしてくれナイスファイトでした。本人も自信になった事でしょう。

スーパーバンタム級 斎藤 聡
序盤はパンチをヒットさせ優勢に進めるも、中盤以降徹底して組みの展開に持ちこまれ、打ち合いに持ち込めず判定負けとなってしまった。
久しぶりの試合となったが動きは悪くなかったと思います。
パンチやキックの展開を組みの展開に変える場合は自分から徹底して組みに行けばできる事が多いですが、逆に相手が徹底して組んでくる場合にそれをさせない攻防はなかなか難しいです。
まあここで書くと長くなりそうなので、これから練習でいろいろやっていきましょう。

スーパーライト級 山下 誠二
序盤から左右パンチをヒットさせ、蹴りも織り交ぜ前に出続ける。
パンチをモロに貰いピンチになりそうになるも、最後まで下がらず攻め切り勝利。
前回は後半温存してしまった感があり引き分けになってしまったと自己分析していた山下さん。
今回は苦しい時にこそ前にでて攻撃を仕掛け終始前に出ると約束しそれを実践してくれた。
相手のパンチにパンチを合わせる攻撃や、距離に応じた蹴りや首相撲からの膝も繰り出してくれ、気持ちだけでなく技術も上達しております。

2013.12.1.jpg日下・山下・斎藤の3選手


関根 朝之
今年4月にプロデビューし、1勝2敗で迎えた今年最後の試合、今年の借りは今年中に返済すべく気合十分で迎えた。序盤から動きまわり左右のパンチをヒットさせ手数で上回る。中盤もパンチ連打、左右の蹴りを繰り出し有利に進める。また相手の反撃に対しても防御にまわらず応戦し、足を止めての打ち合いも見せてくれる。3R終盤パンチをモロにもらいヒヤリとする場面もあったが、そこでも下がらずに攻めの姿勢を貫き、手数で打ち勝ち、今年出来た借りは今年中にPAYBACKしてくれた。
課題もいろいろあったが前回からの成長や修正部分も見せてくれたので良しとしましょう。


2013.12.1sekine.jpg来年はすべて勝つ宣言
posted by 管理者 at 01:44| Comment(0) | OGUNI NEWS

2013年11月28日

12月試合予定

12.1(日)ムエタイオープン 新宿FACE アマチュア大会も開催
関根 朝之
来年へ向け連勝し今年中に戦績を五分にしておきたい

12.14(土)Krush.35 後楽園ホール
鈴木 翔也
沖縄、北海道、千葉の遠征でスタートした2013年
今年は負けなしで現在5連勝中、2013年のラストファイトはガンガン行ってくれる事でしょう。


12.15(日)TENKAICHI 沖縄・ミュージックタウン音市場
MOMOTARO
前回のフィリピン遠征では負傷TKO負けとなってしまったが、決意も新たに思い切り戦ってほしい。

12.23(月祝)INNOVATION 新宿FACE
WBCムエタイ インターナショナル フライ級暫定王座決定戦
TOMONORI
怪我のため流れた注目の一戦であったが、
インターナショナル暫定王座決定戦という大一番となっての仕切り直しとなった。
パワー・スピード・テクニックとどれに注目しても見どころのある一戦となるでしょう。

posted by 管理者 at 01:17| Comment(0) | 試合情報

2013年10月28日

凌太送別会

 10/26 今月いっぱいで東京を離れ、地元福岡に生活を戻すことになった凌太選手の送別会が行われました。

ryota10.26.jpg
仲間の試合には必ずサポートに駆けつけてくれ、練習では他選手のサポートや後輩へのアドバイスも良くしてくれ頼りになる兄貴分的存在であっただけに、非常に惜しまれる別れとなってしまいました。

しかし選手活動は続け、OGUNI-GYM選手として今まで通り試合も行っていくとの事です。
まずは選手として王者を目指し、将来的には指導者としてもキックに携わっていくのが当面の目標との事。
環境が変わっても更に上を目指してくれる事でしょう。


2013.10.26.jpg
多くのジム仲間が駆けつけてくれた。

凌太 キック人生 第1章 〜東京編〜 完

第2章〜福岡編〜での活躍を楽しみにしております



ryota10.27.jpg 
「とっつぁん・・燃え尽きたぜ・・・」って訳ではない(笑)2、3次会を経てお疲れの様子。
posted by 管理者 at 00:30| Comment(0) | OGUNI NEWS

2013年10月15日

10/14NJKF興業

鶴谷 剛・鈴木 翔也が出場

鶴谷 剛
ウェイトオーバーにて減点からのスタート。
前回より動きは良く極力下がらず前に出ながらローを当て攻撃をしたものの、判定負けとなってしまった。
普段の練習、キックに対する姿勢やモチベーションは素晴らしいのだが、最近調整失敗が続いている。
今回も相手選手のご厚意により試合を成立させてもらったが、調整も含め見直していかなければならないでしょう。
今後の30代粘りのキッカーの奮起に期待。


鈴木 翔也
序盤は切れのあるローを入れるも、同じ攻撃を返される場面もあり、1Rからお互い前に出て打ち合う場面が続く。
2Rも両選手下がることなく、少しでも弱気になり下がってしまうと一気に形勢を持って行かれかねない展開、気力体力の削りあいのタフな展開に。後半から打ち合いから組みの展開、ブレイクしてまた打ち合いから組の展開・・・という我慢比べとも思える展開で、3Rも同様の展開が続いたが、折れることなく前に出て攻撃を続けた部分が評価されたのか僅差勝利。
本人は反省しきりであったが、課題は課題として、今後に活かせる攻撃パターンも見せてくれ、練習していた事もほんの少し見せてくれたので、もっともっと強くなってくれる筈です。

本人は「もっと練習が必要です」と語っており、勝って悔しがり、練習へのモチベーションを更に燃やしており、こんな選手には「我々はどんなことがあっても全力で協力してあげなければならぬ」と思ってしまうコーチ陣でありました。

13.10.14翔也.jpg☆モテ期・突入☆鈴木 翔也☆


本日のメイン

WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王座決定戦
NJKFバンタム級王座決定戦

・・・・という事は

王者であった

13.10.14返上二人.jpg

この二人が返上をした・・・という事であります。

正式発表はしておりませんが、二人とも既に次の道へ進んでおり頑張っております。
(まあ・・・この辺についてはまたいつか語るとしましょう)


残る者たちで力を合わせもっと頑張らねばいかんと思った10/14
posted by 管理者 at 12:04| Comment(0) | OGUNI NEWS

2013年10月11日

鈴木翔也&MOMOTARO

昼ジムに試合を控えた鈴木翔也&MOMOTAROの2選手が練習に


DVC00166.jpg

〜鈴木 翔也〜
10/14(月祝昼)の後楽園NJKF興業に出場
先週の大森興業で勝利したOGUNI仲間達からかなり刺激を受けた様で、激闘を宣言してくれております。

〜MOMOTARO〜
10/23フィリピンにて急遽試合決定
代役で先週の大森興業で話を聞いたばかりで突然の事であったが出場を決意してくれた
フィリピン遠征はI上SO氏が率いて以来で(笑)今回が2度目
対戦相手は「Adamson Torbiso(team insider)」総合の選手?(検索したら結構出てきました)
急遽のオファーに出場の決断してくれたMOMOTARO これが転機となる予感

両選手に期待!!


posted by 管理者 at 19:11| Comment(0) | OGUNI NEWS