2014年03月15日

3/16 TREASURE HUNT 5

3/16(日) 大森ゴールドジムにてTREASURE HUNT 5が開催されます。

OGUNIから3選手が出場

山田 誉主哉 選手
今回興行の第一試合に出場する山田君。
アマチュアで試合経験を積み今回デビュー戦を迎えた。
明るく天真爛漫なキャラで会長・コーチからもかわいがられている。
思い切りの良い攻撃に期待!
次に出場する友人でもある山崎選手に勝利でつなげてくれることでしょう。
DVC00177.jpgヤマダ ヨシュヤ

山崎 遼太 選手
デビュー戦は見事なKO勝ちで飾った山崎君。
多彩な蹴りと強いパンチが魅力のザキヤマ選手。
減量もバッチリの様で今回も魅せてくれるでしょう。
zaki13.10.6.JPGヤマザキ イチバン

淳 士 選手
今回よりOGUNI埼玉支部の所属となり中山支部長と共に試合に挑む。
落ち着いた試合運びと駆け引きで移籍しての緒戦、勝利なるか!


プロ興行前にはアマチュア大会が開催されOGUNIからも選手が出場します。(結果と詳細は試合後日)

4月の後楽園興行でOGUNIを代表するサウスポー王者、米田/中須賀の2選手が正式に引退します。
この王者二人に近づける可能性ある選手の出現に期待。


posted by 管理者 at 01:32| Comment(0) | 試合情報

2013年11月28日

12月試合予定

12.1(日)ムエタイオープン 新宿FACE アマチュア大会も開催
関根 朝之
来年へ向け連勝し今年中に戦績を五分にしておきたい

12.14(土)Krush.35 後楽園ホール
鈴木 翔也
沖縄、北海道、千葉の遠征でスタートした2013年
今年は負けなしで現在5連勝中、2013年のラストファイトはガンガン行ってくれる事でしょう。


12.15(日)TENKAICHI 沖縄・ミュージックタウン音市場
MOMOTARO
前回のフィリピン遠征では負傷TKO負けとなってしまったが、決意も新たに思い切り戦ってほしい。

12.23(月祝)INNOVATION 新宿FACE
WBCムエタイ インターナショナル フライ級暫定王座決定戦
TOMONORI
怪我のため流れた注目の一戦であったが、
インターナショナル暫定王座決定戦という大一番となっての仕切り直しとなった。
パワー・スピード・テクニックとどれに注目しても見どころのある一戦となるでしょう。

posted by 管理者 at 01:17| Comment(0) | 試合情報

2013年02月26日

2/17,2/24 と 3/10

2/17(日)に行われたNJKF興行に鶴谷・凌太の2選手
2/24(日)に行われたムエタイオープンにMOMOTARO選手が出場。


鶴谷選手・・・序盤からパンチと左右のローを当て、足を止めて打ち合いの場面でも有効打をヒット。バックブローや回転肘もヒットさせ2013年初戦を勝利で飾った。
2012は4戦して2勝2敗と五分であったが、着実に実力とともにランキングも上げてきており、次戦は勝利し連勝してほしい。


凌太選手・・・2012に挑戦者決定トーナメントを勝ち抜いて得た挑戦権。
王者の宮越選手はパンチ・蹴り共に高いレベルの王者、この王者に対し得意な形に持ち込み是非勝利してほしかったが・・・悔しいが王者が1枚上手であった。
フルラウンド戦い抜くも、判定負けとなってしまった。
この1敗の経験を倍以上の勝ちにしてくれると期待しております。
凌太選手も2012年は4戦して2勝2敗。
2013は敗からスタートとなってしまったが、王者とフルラウンド戦った経験を次に活かしてくれるはず。


MOMOTARO選手・・・2012は5戦して4勝1敗とOGUNI選手の中で一番躍進した選手。
前試合は何倍もキャリアのある選手に惜敗してしまった。
今回の対戦相手の琢磨選手は常にアグレッシブな攻撃を仕掛けて決して下がらないタフな選手。
試合は常に前進してくる琢磨選手に対し、回りながら攻撃をヒットさせるMOMOTAROであったが、軍配は琢磨選手に。敗戦となってしまったが、MOMOTAROも決して引けを取らない戦いをしたと思います。
日々の練習も本当によく頑張っており、是非とも勝たせてあげたかったが、それ以上に琢磨選手も鍛練を重ねてこの試合に挑んできたということ。
今回は日々の努力が結果に出なかったが、絶対に次は勝利してくれるでしょう。


3/10は恒例の北海道札幌興行「BOUT」が開催。
OGUNIからはTOMONORI・鈴木翔也・大谷哲也の3選手が出場となります。

TOMONORI選手・・・札幌興行では毎回メインを務めているTOMONORI選手だが、
今回は本格的に地元札幌に拠点を移し、kickboxing studio「GRABS」を立ち上げての初試合。ジム運営や指導しながらの試合となり苦労も多いだろうが、そこはプロ、きっちり仕上げ地元仲間やジム生たちにカッコイイ勝利を見せてくれるでしょう。


鈴木翔也選手・・・2012は5戦して3勝2敗と勝ち越した翔也。
前回は沖縄にて試合を行いKO勝利を収めている。
今回は北海道での試合。南北両方で連続KO勝利を期待しております。


大谷哲也選手・・・出場予定であった選手の代役として急なオファーを受けてくれた。
プロ試合は2004年に開催したTOSHIMAX(トシマックス)以来の9年ぶり・・・。
いやぁオーチャン(大谷君)急なオファーを受けてくれ君は漢だ!
彼の男気に応えるべく我々も全力でサポートします。


posted by 管理者 at 23:48| Comment(0) | 試合情報

2012年07月10日

7/15 ブリザードジム興行

7/15(日)大森ゴールドジムにて行われる
ブリザードジム興行「BE MY SELF」に
6/24NJKF興行に出場し勝利したばかりのMOMOTAROが出場します。

対戦相手は戦績が4倍のキャリアのある謙センチャイジム選手。
ここまで4戦3勝1分と順調に成長してきたMOMOTARO・・・
キャリア前半戦での最大の山場といっても良いでしょう。

前回の試合から約3週間での連戦、普通であればこの試合間隔はかなりキツイところだが、
本人志願の出場という事でやる気、気力、体力も充実しているからこその決断ということでしょう。
相手選手の巧さに対して好調のままの勢いで押し切る事が出来るか?
どのような戦いをし、勝利してくれるか非常に楽しみであります。

posted by 管理者 at 01:47| Comment(0) | 試合情報

2012年06月19日

6/24 NJKF興行

6/24(日)は後楽園ホールにてNJKF興行が行われます。

OGUNIからは岩井・一輝・鈴木翔也・鶴谷剛・MOMOTAROが出場

MOMOTARO
後楽園ホール初登場、ここまで2勝1分の戦績。
TOMONORI選手から「MOMOTAROっぽいから」という理由でリングネームを付けられてしまったが、自分も密かに期待している選手だけにインパクトのある勝ちを期待。
必殺技MOMOスペシャルが炸裂するか?

鈴木 翔也 VS 鶴谷 剛
両選手共前回の試合で勝ち上り同門対決となった。
普段から切磋琢磨している仲間だけに、どちらにも勝って欲しいが本音だが・・。
両選手共この試練の勝負を全力で戦うことにより、結果はどうであれお互いにプラスになると信じております。

岩井 伸洋
復活を賭けた一戦・・・決死の覚悟を見せてくれるはず。
約束を果たしてくれ!

NJKF全階級トーナメントでスーパーフェザー級トーナメントはOGUNI選手にとって試練のトーナメント。
鈴木選手と鶴谷選手のどちらかが勝ち上がると大和大地選手との対戦。
大和大地選手には岩井・鈴木・鶴谷の3選手共以前敗れている。
試練ではあるが、OGUNIにとって一番ドラマチックなトーナメント。
 勝手に各選手にとってのドラマチックな展開を想定してみた。

鈴木・鶴谷の両選手は同門対決を経て、以前負けた選手にリベンジを果たし、決勝は同門の先輩と決勝戦。

岩井選手は、1位の選手に復活勝利を挙げ、決勝は上記の過程で勝ち上がってきた同門の後輩と決勝戦。

勿論そう簡単に勝ちあがらせてくれる対戦相手ではないが、
全階級トーナメントの中で一番のドラマチックな展開を見せて優勝してくれるのが、
岩井・鈴木・鶴谷の3選手の中から出てくる事を期待しております。

一輝
Sライトに階級を上げ、NJKFタイトル2階級目のタイトルを狙う。
デビュー時からファイトスタイルは大きな変化は無い様に思えるが(笑)
ガラリとスタイルが変わり、一気に飛躍・・・というタイプではないと思うのだが、
このトーナメントでの勝ち上がりをきっかけに更なる飛躍を期待。
posted by 管理者 at 23:19| Comment(0) | 試合情報

2012年05月05日

5.3


 5/3後楽園ホールにて行われたKRUSHに一輝が出場。
見事3RKO勝利してくれました。

今月は13(日)J−NET興行(新宿FACE)にチャンジュ、
26(土)ムエタイオープン(新宿FACE)に凌太の2選手が出場します。

ムエタイオープンではアマチュアのタイトルマッチにもOGUNIから荒川君が出場予定。
全選手共全力を尽くしての勝利を期待しております。

posted by 管理者 at 20:45| Comment(2) | 試合情報

2012年01月16日

1/15 試合結果

1/15後楽園ホールにて新日本キック協会興行に鈴木翔也選手が出場

結果は・・・
1-2の判定負けとなってしまいました

決定的な差を奪えなかったのが敗因・・・と前向きに考え次への勝利につなげてほしい
本人もそう思ってくれているはず

2010年1月から敗戦が続き勝利から遠ざかってしまっているがここが踏ん張りどころ
腐らあきらめずに頑張ってほしい




posted by 管理者 at 21:27| Comment(0) | 試合情報

2012年01月13日

試合情報

 1/15(日)後楽園ホールにて新日本キックボクシング協会興行に鈴木 翔也が出場
2012年OGUNI選手で先陣を切る翔也
今年さらなる飛躍を占う為にも頼んだぞ翔也!

 2/18(土)後楽園ホールにて2012年最初のNJKF興行

OGUNIからTOMONORI・一輝・岩井 伸洋・番長 翔の4選手が出場

メインはTOMONORI、アメリカの強豪ロミー・アダンザ選手とWBCムエタイSフライ級インターナショナル王座決定戦に挑む。
ロミー選手はSバンタム級、フェザー級でもWBC王者になっており、パンチ主体のアグレッシブな強打者。両選手とも強打を持っているだけに目が離せない一戦。

一輝は現WBCムエタイSライト級日本王者で多彩な蹴り技を持つタフな強敵、高橋 誠治選手とNJKF Sライト級王座決定戦。
ライトに続きSライト級王座も獲得することができるか?!

岩井 伸洋はOGUNIの鈴木、鶴谷の2選手から勝利を挙げ、若手選手のなかでも勢いがある大和 大地選手。岩井はここ最近勝利から遠ざかっているが是非復活勝利を挙げて欲しい。

約1年ぶりの試合となる高野 翔改め番長 翔、
TOMONORI選手が北海道に拠点を移すことになり、TOMONORIクラスの指導を引き継ぐ事にもなった。選手としても今年はどんどん試合をして上を目指して欲しいところである。


posted by 管理者 at 22:18| Comment(0) | 試合情報

2011年10月03日

WBCムエタイ

10.2 後楽園ホールにてWBCムエタイ興行がありました。
OGUNIからバンタム級王座決定戦に幸二郎選手、
フライ級の防衛戦に大槻選手の2名が出場しました。

幸二郎 VS 闘魔 
代役としてめぐってきたチャンスであったが・・・闘魔選手、とても強かったです。
幸二郎の良い所が全く出せませんでした。
常に前に出てアグレッシブに出て攻撃してくる闘魔選手に対し、何とか自分の攻撃をしようと試みたのですが・・・。
応援・サポートに来て下さった皆さんに対し、申し訳ない気持ちは幸二郎が一番感じていると思います。

大槻 直輝 VS 加藤 竜二
前回は判定で勝利している大槻選手、序盤良い動きをし、後半有効なパンチを数回ヒットさせるも、多彩な蹴りと組み負けない強さを見せた加藤選手にポイントを奪われ、肘で数か所カットもされ判定負けとなってしまった。
これで1勝1敗の五分となった両選手、今度は大槻選手が成長し挑戦者として対戦までたどり着けるよう期待しております。

サポートした側としても力になれず、応援していただいた皆さんや幸二郎・大槻選手に対しても申し訳ない気持ちであります。
しかし両選手ともこの敗戦を絶対に次に活かしてくれる・・・と信じております。
応援下さった皆様ありがとうございました。
posted by 管理者 at 01:53| Comment(0) | 試合情報

2011年09月25日

23,24,25試合結果

今週末は金土日と3日連続で試合がありました。

23(金)RISE(ディファ有明) KEN 3R判定負
韓国の強豪相手にKENらしい攻撃ができず判定負け
敗戦は悔しいが必ずこの敗戦をバネに次こそはKENらしい戦いをしてくれることに期待

24(土)KRUSH(後楽園ホール) 一輝  4RTKO勝 
序盤パンチでカットし延長RにTKO勝利
KRUSHルールは一輝のファイトスタイルに合っている様であります(笑)
次の試合が楽しみ

25(日)MA興行(後楽園ホール) 岩井 伸洋 5R判定負
序盤からインロー、ミドルと当てフルラウンド一進一退の勝負であったが0-2で判定負け
ここのところ勝利から遠ざかってしまっているが、動きも悪くなかったので次に期待したい

サポート、応援に来て下さった方々ありがとうございました。

次回は10/2 WBCムエタイ日本興行に幸二郎と大槻直輝の2選手が出場します。

昼興行11時開始なのでお間違えなく。

2選手とも厳しい戦いが予想されますが、全力で戦いますのでご声援よろしくお願いいたします。
posted by 管理者 at 23:35| Comment(2) | 試合情報

2011年08月05日

THAIFIGHT

8/7(日)有明コロシアムで行われる「THAI FIGHT」
http://www.thaifight.jp/fighters.html
日タイ友好試合にTOMONORI選手が出場、対戦相手は勿論タイ選手。

詳しいデータは無いが、パンチ主体の好戦的な選手と聞いております。
地方スタジアム王者で画像からみるとかなり若い・・・こういう選手って、これからメジャースタジアムに進出・・もしくは進出してきたばかりで、若くて勢いのある強敵ってイメージが自分には昔からあり、とんでもない怪物だったなんて記憶もあるのだが・・・。
しかし相手がどうであれ、パンチの打ち合いならTOMONORI選手ものぞむところ、1Rから目の離せない打ち合い必至であります。

応援よろしくお願いします。

posted by 管理者 at 01:13| Comment(0) | 試合情報

2011年05月14日

5/21 5/29

5/21(土)は後楽園ホールにてNJKF興行があります。
OGUNIからは、岩井、中須賀、米田のOGUNIが誇るサウスポー3選手が出場。

岩井選手はNJKF Sフェザー級王座決定トーナメントとして、勢いのある勇鷹選手と対戦。
強力なパンチを振るう相手にどう戦うのか?

中須賀選手は水落選手、打ち合いにはめっぽう強い印象があるが、どう戦うか?
是非勝利して次戦のあの選手との対戦にこぎつける事ができるか?

米田選手は梅野選手が怪我で欠場の為、急遽M−1王者のコムパヤック選手と対戦。
至近距離から突如繰り出されるハイキックが脅威、厳しい戦いが予想されるが、難敵に勝利しWBCのベルトを獲得してもらいたい。

5/29(日)
は新宿FACEにてムエタイオープンに鶴谷、鈴木翔也の2選手、
後楽園ホールにて行われるKRUSHに一輝が出場。

応援よろしくお願いいたします。


posted by 管理者 at 21:25| Comment(0) | 試合情報

2011年04月24日

MA興行

 MA興行が新宿FACEで行われOGUNIから凌太選手が出場。

2011.4.24.jpg

今までスロースターターの感のあった凌太選手だが、1Rからパンチとキックのコンビネーションを当て今回は序盤から良い動きを見せる。
相手選手は頑丈な体格から強いパンチを振るい圧力は強かったが、まっすぐ下がらずパンチ、蹴りを上下に散らし冷静に対処。
1Rは取ったと思われたが、2R互角の攻防だったが、中盤にハイキックを貰ってしまい瞼をカットしてしまった。その直後にパンチを貰い恐らくこのRは取られた。
しかし3Rは積極的に仕掛け、前に出て膝を打ちこみ、また組みの展開でも上回ったとみてこのRはポイントリードと見た。
判定は2−0で勝利。
ここ最近ナイスファイトながらも僅差の判定で敗れる事が続いていたが、あきらめる事無く練習を頑張ってきた甲斐あっての勝利。
これを機会に一気に飛躍してもらいたい。
posted by 管理者 at 21:31| Comment(0) | 試合情報

2011年04月18日

試合情報

4/17新宿FACEでRISEの興行がありKEN選手が出場。
ハードパンチャー相手に強打を凌ぎ膝で攻め立て3Rにダウンを奪い勝利しました。

現在決定しているOGUNI選手の試合情報です

4/24(土)新宿FACE MA興行
凌太

5/21(土)後楽園ホール NJKF興行
米田 貴志
中須賀 芳徳
岩井 伸洋

5/29(日)新宿FACE ムエタイオープン
鈴木 翔也
鶴谷 剛

5/29(日)後楽園ホール KRUSH
一輝

応援よろしくお願いいたします
posted by 管理者 at 23:21| Comment(0) | 試合情報

2011年03月27日

3.26MA興行

3.26後楽園ホールにて行われたMA興行に幸二郎が出場しました。
相手はMAバンタム級王者の伊東選手、無敗の若き王者という肩書通り強敵でした。

 序盤から相手選手の左右のローをもらうもロー、左ボディを返し、時折前蹴りもヒットさせ良い場面を作る。しかし手数でも王者が若干上回り、幸二郎の攻撃を貰っても下がらず攻撃を返してくる。ポイント的にも不利と思われた最終Rに打ち合いに行ったところにヒジを貰ってしまいストップが入りTKO負けとなってしまった。

 これで4連敗となってしまった幸二郎。
結果だけみると負け4つですが、自分的にはどの試合も良い所、悪い所がはっきりと出て、克服すべき部分、もっと伸ばす部分、練習でやるべき事がはっきり分りました。
本人や応援してくれた方々からすると4連敗という悔しい思いだけでしょうが、ジムで幸二郎の練習に関わるサポート仲間からすると収穫はたくさんありました。
この4連敗を必ず活かしてくれる事でしょうし幸二郎ならできると思っております。

サポートしたみなさんお疲れ様でした。
posted by 管理者 at 14:42| Comment(0) | 試合情報

2011年03月25日

試合予定日変更など

3/13のムエタイオープン、3/27に予定されておりましたNJKF興行は中止となりました。
NJKF後楽園興行は5/21(土)、またプロテストも同日OGUNIGYMにて行う予定です。
ムエタイオープン(新宿FACE)は当初4/16に予定しておりましたが、5/29(日)に変更、アマチュアマッチも開催予定です。
対戦カードは極力スライドする予定だそうですが、出場選手の都合もあり変更の可能性もありますのでご了承ください。

また、明日後楽園ホールで行われるMA興行に幸二郎が出場します。
相手は強敵、MA無敗の若き王者。
厳しい戦いが予想されますが、幸二郎なら力を発揮できれば勝機は十分にあり、彼ならやってくれると信じております。
ケモノ軍団の応援よろしくお願いいたします。
posted by 管理者 at 18:31| Comment(0) | 試合情報

2011年03月18日

3/27 NJKF興行

3/27に予定していたNJKF興行ですが中止となりました。
試合はなるべく5/21(土)にスライドの予定ですが、出場選手のスケジュールもありますので調整中との事です。
また同日OGUNIGYMにて行われる予定であったプロテストも中止となりました。
posted by 管理者 at 21:58| Comment(0) | 試合情報

2011年03月14日

札幌興行

3/13ZEPP札幌にて興行が行われ、TOMONORI選手と国分選手が出場しました。

TOMONORI選手、序盤からパンチとローで主導権を握り1R終盤に飛び膝を決め、相手選手はばったりと倒れ1RKO勝ち。
試合終了後も立ち上がる事ができず担架で運びだされるほどものの見事なKO勝ちでした。

国分選手は徐々に本来の動きを取り戻し打ち合いするも0‐3の判定負けでした。

獅センチャイジム選手の相手選手が震災の為来場できず、急遽大槻選手とのサプライズなエキシビションマッチとなり、お互いエキシビションならではのお約束の数々を披露してくれました(笑)
応援に来てくださった皆さん、サポートメンバーの皆さんお疲れ様でした。

今戻ったばかりでバタバタしており、後日詳しく報告します。
posted by 管理者 at 16:39| Comment(0) | 試合情報

2011年03月09日

3/13

3/13 新宿FACEにて行われるムエタイオープンにOGUNIから鈴木翔也・凌太・MOMOTAROが出場します。
 ここ何試合か不本意な結果の鈴木翔也・凌太の2選手、今もしかしたら一番苦しい時期かもしれないが、ここの踏ん張りが絶対に後に活きてくるはず、両選手ともこの試合をきっかけに再浮上を期待したい。
MOMOTAROは前回のデビュー戦ではDRAW。個人的にも期待している選手だけに不満の残る結果であったので、今回は今後も期待を持たせてくれるようなインパクトのある勝ちを期待したい。
 
同日北海道札幌にてTOMONORI・国分省吾の2選手が出場。
TOMONORI選手は地元札幌興行のメインに登場
http://bout.main.jp/

韓国選手を迎え撃つ。相手選手はパンチ主体で打ち合う選手と聞いており、TOMONORI選手としても望むところ、メインにふさわしい打撃戦必至。

またセミでは国分省吾選手が今回のみの限定(だよね?)復帰!
記念試合、地元の永山選手の引き立て役になるというつもりは全くなく勝ちに行きます。

北の地より新宿からの朗報を期待しつつ朗報を伝えられる様全力でサポートして参ります。
応援よろしくお願いします。
posted by 管理者 at 23:25| Comment(0) | 試合情報

2010年12月06日

12.5 ムエタイオープン

12.5(日)新宿FACEにてセンチャイムエタイジム主催興行 ムエタイオープンが開催されました。
 アマチュアマッチに齊藤君と藤井君が出場しました。

齊藤選手はムエタイサマックレン(ヒジ、顔面膝ありルール)に出場。
試合前にワイクルーをするという事を自分も知りませんでした(ごめん)。
アドリブで舞う齊藤君・・・(今度練習しよう(笑))
試合は長身の相手選手に組まれ試合を支配されてしまい思う様に攻撃を出せずに残念ながら判定負け。
試合を見返したけど良かったところや課題も見えたので次こそ。

藤井選手はAクラスに出場。
初めてヘッドギア無しでの試合に試合前は不安そうであったが、相手選手の強いパンチにも怯まず果敢に攻めローを効果的に当て判定勝ち。
おめでとう。

 プロの部には凌太選手と鈴木翔也選手が出場。
結果は残念ながら二人とも判定負けとなってしまいました。

頑張った本人が一番悔しいのは当然ですが我々もとても悔しいです。

キツイ練習を頑張り、試合で必死に戦っても結果が報われなかった時の仲間を目の当たりにするのはとても辛いものであります。
しかしこの2選手はここで終わる選手では無いと信じております。
来年は是非とも・・・。

応援してくださった皆さんありがとうございました。
サポートしてくれた皆さんお疲れ様でした。
posted by 管理者 at 01:25| Comment(0) | 試合情報