2011年06月27日

アマチュアマッチ&ライトスパー 報告

6/23 ライトスパーリング大会
Cクラス
山田 誉主哉(ライト)
仲程 祐治(ミドル)
Bクラス
日下 滉大(フライ)
山田 誉主哉(ライト)
飯島 昌平(ライト)
宮下 哲(ウェルター)

次回は10/30に予定しております。

6/19 大森ゴールドジムにて行われたアマチュア大会にOGUNIから3名出場
加藤 周 判定勝
鈴木 智也 判定負
飯島 昌平 判定負

8/21
大森ゴールドジム大会ではアマチュアマッチとヤングファイトのプロ興行が行われます。

posted by 管理者 at 10:39| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年05月30日

5/29 試合結果

後楽園ホールにてKRUSH、新宿FACEにてムエタイオープンがあり、一輝、鶴谷 剛・鈴木 翔也の3選手が出場。

 まずは昼の後楽園ホールのKRUSHに一輝が初参戦。
相手は強打のAKIRA選手。
序盤からインローを効かせR終盤にショートレンジの左の突く様なジャブでダウンを奪い、2Rにパンチでダウンを奪いKO勝利。
念願(だったの?)のKRUSH初参戦でKO勝利を飾った。
7月にタイトルマッチが控えており、良い形で防衛戦を迎えられそうである。
おめでとう。
110529ikki1.jpg

その後 新宿FACEに移動しムエタイオープン、鶴谷・鈴木翔也選手の2選手が出場。

まずは鶴谷選手
序盤から運動量の多い対戦相手に手数では上回られるが有効打を当て、後半はボディへの攻撃も効かせ勝利。

110529 tsuru.jpg 「勝ったぞフォ〜」と言ったかどうかわからないが勝利の「鶴の舞」?を披露

鶴谷剛・・・じわじわ来てます。
決して器用な選手ではないですが、地道に努力を重ねた強さが発揮されつつあり、勝ち星を重ねて来ております。
努力を重ねじっくりと下地を積み重ねてきた強さに、これから倒す攻撃、ツメの強さを会得した時、より一層の飛躍が期待されます。

本日OGUNIのラストは鈴木翔也。
相手は大和大地選手・・・強敵でした。
震災の為試合が延期となり、その上故郷も被災してしまい大変な思いをした翔也。
それでも頑張って練習を続け試合に挑む姿を見て、是非とも勝利して欲しかったが・・・
序盤は互角の打ち合いをするも、後半攻め込む翔也に肘やパンチを上手く合わされポイントを取られてしまい、最後まで諦めずに戦ったか判定負けとなってしまった。
ここのところ敗戦が続いてしまっているが、是非ともくじけないで頑張って欲しい。
頑張れ翔也!

ご声援くださった皆様、サポートしてくれたみんなご苦労様でした。
(特に凌太君、朝からありがとう)
posted by 管理者 at 02:16| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年05月28日

総式

 一般部のコーチをしてくれている井上総君の結婚式(略して総式)に出席してきました。

OGUNIから会長をはじめたくさんのメンバーも出席。

DVC00052.jpg
美男美女であります 冠二郎会長も駆けつけれくれました(新郎の後ろ)

心優しい男でOGUNIメンバー皆から可愛がられている総君。

おめでとう!

総君・早苗さんお幸せに!

posted by 管理者 at 23:54| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年05月25日

2011.5.21プロテスト

5/21 OGNIーGYMにてNJKFプロテストが行われました

OGUNI合格者

石井 彰(Sフェザー)
小林 健晴(Sライト)
加古 聡(ウェルター)
ニコラス ヘリング(ミドル)

おめでとうございます

Bライセンス、または入場許可証希望者は会長・コーチまで

次回は7・17(日)の予定です
posted by 管理者 at 18:13| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年05月22日

NJKF興行

5/21(土)後楽園ホールにてNJKF興行がありました。
OGUNIから岩井・中須賀・米田が出場しました。
結果は3選手とも負けてしまいました。
非常に残念です・・・。
ご声援ありがとうございました。
posted by 管理者 at 00:26| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年05月19日

ジムマット

ジムのマットを新調しました。

DVC00048.jpg

これで安心して寝ころべます(笑)
足を取られて骨折の心配も無し!
黄色で目がチカチカすると言っている方もおりましたが・・・。


posted by 管理者 at 00:22| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年04月13日

入会金無料キャンペーン

入会金無料キャンペーンですが4/30まで行っております(但し保険料1500円と月謝2ヶ月分を先に収めていただきます)
posted by 管理者 at 21:25| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年03月03日

ライトスパーリング大会結果

3/1(火)開催ライトスパーリング大会合格者

Cクラス合格者
飯島 昌平 / 寺田 孝太郎

Bクラス合格者
広川 光訓 / ニコラス・ヘリング

プロテスト3/27(日)


次回は6/12(日)予定
プロテストは7/17(日)

posted by 管理者 at 22:38| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年02月18日

リング

リングのマットを貼り替えました。

DVC00003.JPG

これでリング上で足を取られる心配が無くなりました(笑)

posted by 管理者 at 18:16| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年02月13日

HATURARU16

 2.13 大森にてアマチュア大会{HATURATU 16」が行われた。

OGUNIよりニコラス、石井の2選手が出場。

第25試合 Aクラス ウェルター級(2分2R)

 ドイツからの留学生ニコラス君、ドイツでアマチュアマッチの経験があるためAクラスでの出場となった。
ヘッドギアなしの試合は初だったらしく、ヘッドギア無しの試合に出場すると母国のドクターであるお父さんに電話した所「何!ヘッドギア無しで出場するのか!」と驚かれたと話していた(多分内容は合っていると思う)。
 よっていきなり距離を詰めてのパンチの打ち合いより、序盤は様子を見て距離をとる戦法を取った方がよいかとも考えたのだが・・・。そして試合直前、相手選手が足を高く上げストレッチをしているのを見て「相手選手はハイ蹴ってくるかもしれないよ」と伝えようと思ったが、英語が出てこない・・・まあ大丈夫だろうと思って送り出す。

 試合が始まるとストレートと右フックとパンチが良く入る・・・よって作戦変更(笑)。
途中打ち合いでも「顎引いて!」と声をかけるとちゃんと顎を引き(おお、日本語通じた!(笑))セコンドの声もよく聞こえている。
R終盤相手のハイキックが浅く入り、ハイキック警戒を伝えなかった事もあり後悔と共にヒヤリとする場面もあったが、その後はしっかりとガード。その後も試合終了までパンチの打ち合いで攻勢をとり、かかと落としやサイドキック等多彩な蹴りも見せてくれ判定勝ちを収めた。

第33試合 Bクラス フェザー級 (1.5分2R)

 前回はBクラスで判定負け後,欠員が出て急遽Aクラスに出場依頼を受け、本人曰く体力も限界だったが、コーチ(私ですが)に巧く言いくるめられ(笑)、半ばどうにでもなれとのヤケクソファイトでガンガン攻撃を出し続け見事勝利を収め、試合終了後精根尽き果てリングから転げ落ちた石井君。その奮闘とナイスキャラで、「きのこの山」と「たけのこの里」と「面白キャラ」が大好物のTOMONORI選手からも注目された男である(笑)。 何故か今回はBクラスでエントリー。
 
 相手選手はさほどガンガン前に来てプレッシャーをかける選手では無かったが、狙い澄まし強いパンチを打ってくる。
パンチの打ち合いではやや押され、分が悪い印象もあったが、試合が進むにつれ得意の左ミドルが相手の手数を上回りはじめる。
右の蹴りも交え終盤は恒例?となりつつある左ミドル連打を見せてくれた。

パンチのダメージ採点だと相手選手が上回った印象だったが、それ以上に蹴り数で上回った石井選手の判定勝ち。

DVC00024.JPG
石井君&ニコラス君

まだ日本に来て間もないニコラス君、細かい指示を英語でなかなかうまく伝えられなかったが石井君が通訳をかってくれたのでよかったよかった。
私:「ラスト30秒って30セカンズだったっけ?30ミニッツだったっけ?」
石井君:「ミニッツは分ですよ」
(あぶねぇあぶねぇ・・ラスト30秒でラスト30分って言う所だった)

試合終了直後、総カリスマコーチから「試合どうでしたか?」と聞かれた石井君
石井君:「一生分蹴りました」
私:「そんなには蹴ってないよ」(すかさず突っ込み入れておきました)

帰りがけ、石井君が自分に相手選手に蹴られた足が痛いと言ってきた・・・英語で(笑)
いやいや、俺は日本語通じるよ(一応「Really!?」と返しておいたけど)。
・・・どうやらパンチのダメージがかなりあった模様(笑)

総君もお疲れ様
PIC_0069.jpg
posted by 管理者 at 22:54| Comment(3) | OGUNI NEWS

2011年01月25日

2010年年間表彰

 1/23NJKF興行時に2010年の年間表彰が行われました。

OGUNIからは中須賀選手がバウトレビュー賞、技能賞を受賞。
WBCムエタイ日本タイトル獲得したのでミニチュアベルトの記念品も授与されました。

DVC00009.jpg
写真撮るの忘れたので自分が持っている画像を掲載

今年はさらに上を狙っていくとの事ですので応援よろしくお願いいたします。

posted by 管理者 at 10:36| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年01月24日

1/23興行

2011年最初の興行が後楽園ホールでありました。

第3回NJKFアマチュア70kg王座決定戦 2分2R
東日本代表として藤井選手が出場となり、西日本の選手と対戦しました。
試合は相手選手にパンチで押し込まれる場面があり、残念ながら判定負け。

OGUNIの2011年のプロ最初の試合は鶴谷選手が出場。
2007年にデビュー戦を行った後楽園ホールでの試合となった。
結果は2-0の判定で勝利。
OGUNIに去年の10月以来となる久しぶりの勝利をもたらしてくれた。

110123turu.jpg

今年もがんばっていきましょう。
posted by 管理者 at 01:37| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年01月06日

1/4ジム開始

 1/4より通常通りとなっております。
今年もよろしくお願いいたします。
posted by 管理者 at 13:57| Comment(0) | OGUNI NEWS

2010年12月12日

祝賀会

 12月11日 後楽園飯店にて
8月1日にNJKFライト級王者となった一輝選手
9月26日にWBCムエタイ日本フライ級王座を防衛した大槻選手
同日WBCムエタイ日本Sフェザー級王者となった中須賀選手
の王座獲得&防衛の祝賀会が行われました。

20101211.jpg

たくさんの方々に出席いただきました。
ありがとうございました。

これからの3選手の活躍を期待します。
posted by 管理者 at 14:25| Comment(2) | OGUNI NEWS

2010年10月18日

10.17 アマチュア大会 プロ興行

10/17(日)に大森ゴールドジムにてブリザードジム興行がありました。
アマチュアマッチに小林・石井・土屋・望月の4選手が出場。
小林選手 判定勝 
石井選手 1戦目判定負 2戦目判定勝
土屋選手 判定負
望月選手 判定負

プロ興行にMOMOTARO選手が出場。
序盤動きが固くいつものスピードのある攻撃がなかなか出ず、お互い手数が出ずイーブン、2Rは相手選手のローやパンチの印象が良くポイント奪われる。
3Rは終盤パンチ連打でポイントを奪い返すも1-0のDRAWとなった。
良い動きもあったが修正する所もあり、良い経験になったと思います。次の試合に期待するとしましょう。
posted by 管理者 at 23:47| Comment(3) | OGUNI NEWS

2010年10月14日

10/12 ライトスパーリング大会

 10月12日(火)にライトスパーリング大会が行われました。
通常は日曜日に開催しておりましたが、今回は出場者が少ない為、平日の夜間一般部練習時間(20時〜)に行われました。

Cクラス合格者
坂部 佳雄・ホーランド ライアン・平野 達弘

Bクラス合格者
森井 武史(ブリザード)・坂部 佳雄・ホーランド ライアン・
平野 達弘

ライトスパーの模様はビデオ撮影しており、DVDにて閲覧できるようしますが、10/17のアマチュア大会と一緒に収録するつもりなので来週までお待ちください。

次回は2011年2月予定です。

 10/17(日)には大森ゴールドジムにてブリザードジム興行が開催、アマチュア大会とプロ興行が行われます。
アマチュアはOGUNIから小林・土田・望月・石井の4選手が出場、プロ興行には期待の新人MOMOTAROがデビュー!

応援よろしくお願いいたします。
posted by 管理者 at 12:52| Comment(0) | OGUNI NEWS

2010年10月05日

祝! 鶴谷 剛

 9月3日 鶴谷選手の結婚式が渋谷にて行われました。

STIL0005.jpg新郎 鶴谷君 新婦 保光さん

この式で10年後もキックボクサー現役宣言をしてくれた鶴谷選手、最近特に練習でも力強さを見せ、試合をするごとに成長した戦いを見せてくれているので今後の活躍が楽しみであります。
 保光さんは笑顔が素敵で器量の良さそうな新婦さんでありました。少々おっちょこちょい(らしい)鶴谷君をしっかりと支えてくれそうな方で安心いたしました。(←どういった立場でどこから目線のコメントだ俺は?)。

おめでとうございます。

〜おまけ〜
DVC00047.jpg

酔っぱらった先輩の愛情攻撃を完璧にガードする一輝・・・
試合では見せてくれない鉄壁のガード、そして試合では見せてくれない攻撃をもらわない絶妙の距離を保ち・・この写真を最後に我々には近寄ってくれなかった(笑)


DVC00049.jpg

向かって左:鶴谷君の「10年後も現役選手宣言」に一番喜んでくれていたソムチャーイコーチ・・・うれしさ余ってお酒がススムススム。
中央・・・自分的には本日のMVPのハタケ君。
先輩の愛を全部おでこで受け止めてくれました。
向かって右・・・誰が言ったかカリスマコーチ。
2次会で司会進行してくれたお笑い芸人コンビ(遊び屋)さんに、コンビ名聞いた時は「知らねえ・・」とばかり見向きもしなかったくせに、「今度TVに出ます・・・」と聞いたとたんカメラを構え「TVに出ると聞いたとたんカメラ構えましたね」と本人たちにも突っ込まれ(ジムの先輩としてとても恥ずかしいぞ(笑))。
帰りがけには記念撮影までお願いしていた
・・・イケメンなのに残念な男である。
posted by 管理者 at 11:21| Comment(0) | OGUNI NEWS

2010年09月27日

9.26

9.26後楽園ホールにて
「The Path to the World Champion WBCムエタイ世界王者への道」
が開催され、OGUNIより大槻、中須賀が出場しました。

大槻選手は
WBCムエタイルール日本フライ級王座を防衛!

中須賀選手は
WBCムエタイルール日本スーパーフェザー級王者となりました

時間がなくとりあえず報告のみでしつれいいたしやす。

応援してくださったみなさん、サポートしてくれた皆さんありがとうございました。
posted by 管理者 at 13:44| Comment(0) | OGUNI NEWS

2010年09月20日

祝!!国分省吾

 9月18日 渋谷(青山)にて新郎・国分省吾氏と新婦・順子さんの結婚式と披露パーティーが行われました。

DVC00031.jpg

余興では順子さんのド迫力のミット打ち、そして結婚してから初めての共同作業であるケーキカットに次いでの夫婦スパーリング(嫁KO勝ち(笑))、その後新郎と二人の出会いのきっかけを作ってくれたTOMONORI選手とのエキシビジョンマッチが行われました。(高津夫妻の解説&反則攻撃サポート付)

DVC00034.jpg

TOMONORI選手のエキシビジョンとは思えない事前打ち合わせを無視した(笑)容赦ない蹴り&パンチ攻撃という手荒い祝福・・・。
ジム仲間達からもまさかのTOMONORIコールと新郎が攻撃をもらうたびに「オーイ」という試合会場さながらの応援(解説のKanokoさん大慌て(笑))。
このままではまずいと判断した(笑)高津レフェリーが新郎に協力し羽交い絞めされたTOMONORI選手を国分選手がKO勝利し、何とか本日の主役の面目を保った(笑)。

DVC00033.jpg
武理異不(ブリーフ)左衛門も登場(勝手に命名・・ほんとは鰤鰤左衛門)

明るい二人にふさわしい笑顔の絶えない素晴らしいパーティでした。

DVC00039.jpg

心優しく誰に対しても笑顔で接してくれる国分君、ジムでも彼の周りはいつも笑顔が絶えないOGUNIには欠かせない男であります。
新婦となった順子さんもとても明るくやさしさの中にも芯の強さを感じさせる美人でありまさにお似合いの夫婦であります。
きっと明るくて笑顔の絶えない家庭を築いてくれる事でしょう。

これからもよろしくね!
そして
おめでとうございます!

posted by 管理者 at 11:07| Comment(2) | OGUNI NEWS

2010年09月06日

9.5 ムエタイオープン

9/5(日)新宿FACEにてセンチャイムエタイジム興行「ムエタイオープン」が開催され、OGUNIから米山 直之・高野 翔・鈴木 翔也の3選手が出場しました。

以下は各選手の試合レポートです。
(最後に(*1〜*3)の語句説明あり)

米山 直之 VS 梅沢武彦(町田金子)

 米山選手は入会時はプロの試合等は考えていなかった様だが、練習を重ね、アマチュアマッチで経験を積み、更に努力を重ねてこの日を迎えた・・・キックの魅力にとりつかれたOGUNIメンバーの一人である。
お互いデビュー戦、相手の梅沢選手はアマチュアランキングでは1位にランクされており、若くて長身の勢いのある選手。
 試合開始直後は動きが固く、いつものステップを使い動き回る事ができず、相手の蹴りの射程内にとどまってしまう事が多くなってしまう。後半は多少固さが取れパンチをヒットさせると徐々に動きも良くなってきたものの、1Rはやや梅沢選手の蹴りのヒットが目立った印象。
2Rは手足の長い相手にパンチで飛び込み仰け反らせる場面もあり、ボディへのパンチもヒットさせペースを掴みかけた・・・かと思った矢先、相手選手の間合いに入った瞬間、ハイキックを合わされダウンを喫してしまう。
ダウン直後もこちら声を聞きうなずき、落ち着いて立ち上がっていたのでまだまだ大丈夫そうである。
インターバル中に「倒さないと勝てないよ」と告げると、本人も十分にわかっており、自ら気合いを入れ直し最終Rへ。
開始からパンチで攻め込む米山選手。
相手選手もかなり疲労しており、パンチで下がらせる場面もあり、このままヒットさせればあわやと思わせる反撃をしてくれた
・・その矢先、またしても至近距離からの渾身のハイキックを合わせられてしまいダウン。
なんとか立ち上がるもダメージがかなり残っており、レフェリーからまっすぐ歩行できるかチェックをされる・・・
残り時間30秒だが・・・無理に続行し、これ以上ダメージを負わせる事はできないと判断したセコンドよりタオルの投入があり、TKO負けとなってしまった。
 結果は非常に残念であったが、最後まで前に出て攻撃を仕掛けての結果。
試合後もダメージはさほどなさそうで、ひとまず試合のプレッシャーから解放された事により、晴れやかな表情ながらも
「悔しいです、このままでは終われません。まだまだやりたいです」と言ってくれた米山君でありました。
(*1)ドライフルーツ米山のハートは熱く、決してドライでは無い所を見せてくれた。

高野 翔 VS 古木大二郎(はまっこムエタイ)
 
 前回うれしい復活KO勝利を飾った(*2)番長こと高野選手、相手は3戦3勝負けなしの古木選手。
 序盤左フックとローをヒットさせ、後半は左フックからローとつないだ攻撃や右のパンチもヒットさせる。
相手選手はムエタイスタイルで強烈なミドルやローをたたきつけてくる、単発のヒットでは上回るものの、交錯後の組む展開では相手選手にやや有利な印象を取られてしまったか。
全Rを通し常に積極的に攻撃を仕掛け、3Rはダウンあと一歩まで追い詰めるも試合終了。
判定は1−0で引き分けとなってしまった。
 ダウンを奪っていれば文句なしの勝利だっただけに、本人も相当悔しがって涙しておりました。
しかし高野君、この悔し涙の後は、この思いを決して忘れず、日頃の練習に活かして成長を見せてくれるのである。
涙するごとに確実に強くなっているので、控室で号泣する高野君を横目に「大丈夫だ、またこれで強くなってくれる・・」と無表情を装い安心している私であった(不謹慎な奴だ)。

鈴木 翔也 VS 高橋幸光(はまっこムエタイ)

 2連敗中の鈴木選手、相手は多彩な蹴りを持つ高橋選手。
序盤は相手選手の正面に留まらずサイドに回りながらローやストレートをヒットさせ、相手選手の強い蹴りをまともに貰わない動きが功を奏す。ロープに詰めるとパンチでガードを上げさせボディフックも決め、組んだ展開でも先に膝を当て続け組み負けない。
ほぼ相手にペースを掴ませずパンチの有効打が評価され3−0で判定勝ちを収めた。
本人は納得いく戦いができず悔しがっていたが、相手は長身サウスポーで強い蹴りを持ちガードも固く強い選手。
以前までの戦い方であったら勝てなかったと思います。
悔しい連敗を糧にして勝利した・・と私は思っております。
これからも(*3)池袋のスロースターターに期待!(まだ言ってる)。

〜語句説明〜
(*1)ドライフルーツ米山
TOMONORIクラスに参加し、TOMONORI選手に師事する選手、TOMONORI選手が教えているキック教室コアの選手はTOMONORI選手がリングネームやあだ名をつける事が恒例となっている(例:黒ヒゲ危機一髪選手等)
で、何故か米山君が「ドライフルーツ米山」と呼ばれており、TOMONORI選手に由来を聞いたところ、
「ドライフルーツみたいだから・・・」との事(笑)
やはり天才・・一瞬のカウンター、目にもとまらぬコンビネーションを繰り出す天才から見える風景は、見た目好青年の米山君までも凡人にはわからない見え方をするのであろう(笑)
10月のブリザードジム興行にも新たなTOMONORI選手名付けの期待の新人がデビュー予定(笑)
キングジム選手のリングネームと同様に楽しみにしております。
(リングネームは勿論強制ではありません、TOMONORI選手も本人の意思を尊重しておりますので、無理やりではありませんのでご安心を)


(*2)番長
入会時から「番長」というTシャツを着ており、TOMONORI選手が「番長」と名付けて以来、皆も番長と呼ぶ様に。
トランクスにも「番長」と入っている。
以前試合を見に来ていたOGUNI以外の人と話した時、「番長」とトランクスに入っている選手・・・と覚えている人が居た。
選手名もだけどこういうニックネームも重要なんだなと思ったものです。
ちなみに会長も普通に「番長」と呼んでおります(笑)。


(*3)池袋のスロースターター
前々回名古屋で試合をした時にパンフレットに名前と共に書かれていた言葉。・・・ちなみに相手選手には
「和製ブアカーオ」と書かれていた(かっこいい)。
ファイトスタイルも特にスロースターターでは無いと思うのだが、恐らくその前の試合で、ダウンを取られ、その直後にダウンを奪い返しKO勝利した所から、先手を取られてからエンジンがかかると強い・・といった結果から付けられたと思われます。
本人は全く気にいってないですが・・・
面白いから私がずっと引っ張っているのであります。
(過去に「OGUNIのクリリン」とか「OGUNIのガリガリ君」とかもあったとか無かったとか)
試合前の控室で高津さんが
「翔也ってこんなにオサルだったっけ?」と連呼しておりました(笑)

OGUNI選手試合終了後は恒例の高津さんと酒宴。
3選手とも良い試合をしてくれ、お酒はちょっぴり美味しかったですが、やはり全選手勝利の時が最高ですね。
9.26はそうなる事を願っております。

サポートしてくれた皆さんお疲れ様でした。
posted by 管理者 at 13:00| Comment(0) | OGUNI NEWS