2012年05月15日

4/29〜5/14 RESULT

4/29〜5/14の期間中5興行開催され、OGUNIから7選手が出場しました。

4/29 MA興行(大森ゴールドジム) 
後楽園ホールでのNJKF興行と同日、MOMOTAROが出場。
セコンドに行ってくれた凌太選手からの報告では、手数が少なかったものの要所を締めて判定勝ちとの事でした。
本人も反省しておりましたが、きっちりと勝利してくれた所はまあ良しとして・・・。
6/24のNJKF興行への出場も決定しており、手数の少なかった罰としてミットで蹴りを100連打蹴らせ、次もまた手数少なかったら倍にすると念を押しておいたので次は大丈夫でしょう(笑)

同日のNJKF興行にて鶴谷剛・KEN・鈴木翔也の3選手が出場。
鶴谷選手は持ち前の粘り強さを発揮し勝利。
KEN選手は久しぶりのNJKFリングで復活をアピールしたかったが、序盤良い動きをするもパンチをもらってしまい残念ながらKO負け。
鈴木選手は序盤からキレのある攻撃で圧倒し見事なKO勝利。

これにより6/24のNJKF興行ではトーナメントを勝ち上がった鶴谷選手と鈴木選手の同門対決となった。
お互い苦楽を共にしている仲間だけに辛い戦いになるだろうが、この試練を乗り越えお互いプラスの経験になる為にも全力で戦ってくれる事でしょう。

4/30はJ−NET興行(後楽園ホール)に大槻選手が出場したが
2R負傷判定によりDRAW。
復活勝利して欲しかったが残念・・・次に期待。

5/3はKRUSH(後楽園ホール)に一輝選手が出場
一輝らしい(笑)逆転勝ちとも言えるKO勝利で大会MVPを獲得。
6/24のNJKF大会にも出場が決まっており、NJKFタイトルの2階級獲得の為に負けられない一戦。

最後は5/14J−NET興行(新宿FACE)にチャンジュ選手が出場。
1Rからチャンジュらしい強気の攻撃で前に出て、首相撲の展開も組み負けることなく、ダウンも奪い勝利。

120429.jpgチャンジュ選手

チャンジュは来月母国である韓国に帰国してしまう為、今回が日本で最後の試合であった。
それだけに悔いの残らない様、全力で戦うとの宣言通り、最終Rもゴングが鳴るまで攻撃を続け勝利してくれた。
韓国に戻ってもキックを続けるとの事。
普段は仲間思いでやさしく、人懐っこい性格でジムの仲間や先輩たちからもかわいがられていたが、試合では持ち前の気持ちの強さを見せ、前に出続けパンチを振るうファイターであった(本人は蹴りの方が得意と言っていたけど(笑))。
韓国でももっと強くなり、日本に王者として呼ばれる位のビッグな選手になってくれる事を期待しております。
posted by 管理者 at 21:57| Comment(0) | OGUNI NEWS

2012年04月30日

4.29

大森ゴールドジムにてMA興行、後楽園ホールにてNJKF興行があり、
OGUNIよりMA興行にMOMOTARO、NJKF興行に鶴谷剛、KEN、鈴木翔也の4選手が出場しました。
結果は3勝1敗(RESULT参照ください)でした。
応援ありがとうございました。

4.30はJ-NET興行に大槻選手、5.3はKRUSHに一輝選手が試合出場します。

とりあえず今日は報告のみで失礼します。
posted by 管理者 at 01:02| Comment(0) | OGUNI NEWS

2012年03月26日

ムエタイオープン

2012.3.25新宿FACEにてムエタイオープンが行われました。

OGUNIから望月、凌太の2選手が出場

望月 勇努 VS 金子 貴幸
対戦相手の金子選手は長身から繰り出す左右のローが強く、正面から反撃を試みるが、
ローを効かされてしまい、2RKO負けとなってしまった。
デビュー戦は力を出し切れず判定負けとなってしまい、今回はKO負けとなってしまった。
普段はおとなしくあまり感情を表さない望月君だが、KO負けしてしまい涙していた。
今日のこの涙を忘れずがんばってほしい。

凌 太 VS 翔センチャイジム
翔選手はアグレッシブで首相撲も強く巧い選手。しかし凌太も首相撲の展開でも組み負けることなく対応、首相撲から膝の展開では、翔選手がやや優勢とも思えたが、組んだ展開前後のパンチがジャッジの支持を受け2−0の判定勝利。
これで4連勝。これまで負けてしまった試合はほとんどが僅差の判定であったが、普段からの努力が実り結果が逆転。
「悔しい思いや辛さも含め日頃から積み重ねた努力と頑張りは嘘をつかない」
(努力が足りなかった自分に)そう思わせてくれる選手であります。
これで倒すきっかけをつかめば一気に飛躍する期待大です。

2012.3.25凌太.jpg

2012開始から連敗を止めてくれた凌太選手。
次はMOMOTARO・鈴木翔也・鶴谷剛・KENで連勝を狙います。

サポート・応援してくれた皆さんありがとうございました。
posted by 管理者 at 09:14| Comment(0) | OGUNI NEWS

2012年03月19日

bout 11


北海道・札幌にてBOUT11が開催され、TOMONORI選手がメインに出場。
札幌に行きサポートしてきました。

対戦相手はパンデーン・シットモンチャイ選手、
以前ムエタイオープンで圧倒的強さを見せた好戦的な選手。

結果からいうと2RKO負けとなってしまいました。

TOMONORI選手は1Rからスピード・テクニック・そして手数も相手選手を上回る攻撃をし、ダウン寸前まで追い込み、良い流れであったのですが・・・、
お互い踏み込んで打ちこんだパンチが交錯し、倒れてしまったのはTOMONORI選手でした・・・そのままカウントアウト・・・。
相手が仕掛けてきたパンチはほとんど見切り、強烈な蹴りも見せ、ボディやローも効かせ、飛び膝もヒットさせ、TOMONORI選手のパフォーマンスの一部は地元ファンにも見せる事はできましたが・・・本当に残念です。

TOMONORI選手の猛攻を耐えきり、この展開で勝つにはあの戦法しかないだろう・・という攻撃を見事やりきったパンデーン選手は見事でした。

サポートしてくれた

米山君
(札幌で頑張れよ・・・ごめんよ・・・俺がジムに誘ったばっかりに・・・まさか君に北海道で迎えられるとは・・・)

稲田君
(OGUNIの元選手OBで、現在は札幌に戻り整体師をしています。近いうち独立して・整体・接骨院「ムラサメ研究所」(勝手に命名)をオープン予定)

藤枝君
(TOMONORI選手の同級生で、数年前、医大生の頃にOGUNIに練習に来てました。今は札幌でDr.をしており、TOMONORI選手の体のケアをサポートしてくれました)

本当にありがとう、そして大変お疲れ様でした。

毎回呼んでくださる、小堀師範、大変お世話になりました。

応援していただいた皆さんありがとうございました。




TOMONORI選手のジム「GRABS」
オープン前ですが見学させてもらいました
写真を撮ってきたのでGRABS情報も含め後日報告します





posted by 管理者 at 19:16| Comment(3) | OGUNI NEWS

2012年02月20日

2/18

2/18は後楽園ホールにてNJKF興行でした。

番長・岩井・一輝・TOMONORIの4選手が出場。

結果は4選手とも負けてしまいました。

努力を重ね試合に挑んでも思うような結果が得られず、とても悔しく辛い思いをするのは選手である以上避けられないことでもあります。
敗戦後の悔しい思い、試合後帰宅しふと一人になった時の辛くみじめな想い・・・時が経てば薄れはしますが、完全に消し去る事はできません(自分はすっかり忘れましたが)。
この想いを払拭する一番の手段は選手本人が良く分かっていると思います。
4選手ともまだまだやれるし、もっと強くなって次は必ず勝利してくれると期待します。

応援・サポートしていただいた皆さんありがとうございました。

posted by 管理者 at 12:03| Comment(0) | OGUNI NEWS

2012年02月02日

2/18 NONFIX

フジテレビのドキュメント番組「NONFIX」にて、
西田恵理選手が前回の試合模様やその他の取材を受けたそうです。
2/18の深夜25:35〜フジテレビにて放映されます。

nishida.jpg インディアンスタイル(Produced by TOMONORI)

同日NJKF興行メインにてタイトルマッチに挑むTOMONORI選手にプロデュースされたインディアンスタイルへのこだわりについてや、危うく(TOMONORI君に)おもしろリングネームを付けられそうになった秘話などを語ったとか語らなかったとか(嘘です)。
(・・・自分も内容知らないので見ることにします)


posted by 管理者 at 10:55| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年12月31日

2011年12月31日

2011年も多くの皆さんにお世話になりました。

試合や出来事について色々と振り返ろうと思いましたが時間がないのでまたにします。

来年もよろしくお願いいたします。

更新の方もなるべく多く出来るよう頑張って行きたいと思っております。
posted by 管理者 at 12:15| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年12月05日

試合結果

11月26日 後楽園ホールNJKF興行
連盟発足から15年目にあたる2011年最後のNJKF主催興行
歴代王者の方々も多数来場されました。
キック界発展の為に多大な尽力をしていただいた、前・藤田理事長の追悼セレモニーも行われました。

OGUNIからは鶴谷・凌太・中須賀の3選手が出場。

〜鶴谷 剛〜
鶴谷選手は今回ウェイトオーバーしてしまい、減点1とグローブハンデでの試合となった。
終盤持ち前の粘り強さをみせ攻撃を当てるも対戦相手の大和大地選手に終始攻勢を取られ判定負け。
リミットまで体重が落とせず、大和選手に迷惑をかけてしまいとても反省しておりました。
2011年は3勝1敗の戦績、最後のウェイトオーバー&結果は残念でしたが、
普段の努力が報われつつあり、今回の反省も踏まえ来年更に期待しております。

〜凌太〜
元J−NET王者に対し、序盤は一進一退であったが、徐々に組みの展開から有利に試合を運び、終了直前にパンチをヒットしグラつかせ見事判定勝利を飾った。
今まで僅差で負けてしまう事が続いたが、それでも努力を重ね、上にいくほど一筋縄ではいかない相手に僅差で勝利を挙げる事ができた。
2011年は3戦3勝、鶴谷選手と同様に日頃からの努力が実り来年はさらに活躍してくれると期待しております。

ryota111126.jpg

〜中須賀 芳徳〜
中須賀選手の相手はオーストラリア王者のジョセフ・コンチャ選手。
強烈な一発は無いが、試合運びや防御に長けた選手であった。
こちらの攻撃を当てるもすぐに攻撃を返し、決定打を当てさせず、明確なポイントを奪えない。
なかなか中須賀のいつもの攻撃ができず終了。
有効打は上回ったが手数は取られたか・・・。
どちらとも取れる内容であったが、1−2の判定負けとなってしまった。
2011年は1勝2敗の戦績。このクラスになると1勝や1敗が大きく影響してくるが、まだまだ上を目指せる選手だけに頑張ってほしい。

11月27日
J−GIRLSに西田選手が出場。
初勝利を目指し最後まで頑張り良いファイトをしたが判定負けとなってしまった。
もうひといき、もうちょっとだ、頑張れ西田さん。

12月4日
ムエタイオープンにMOMOTAROとチャンジュが出場。

〜MOMOTARO〜
去年10月にデビューしセンスの良さの片りんを見せるも決め手に欠きDRAWとなってしまった。
今回は1Rから積極的に仕掛け、相手の打ち合いにも応じ打ち負けず、終始積極的に仕掛け勝利。落ち着いた試合運びと多彩な蹴りも見せてくれ今後も期待十分なファイト内容であった。
元々入会した頃からセンスの良さと素直さは選手としての可能性は感じていたのだが、それに加えキツイ練習や先輩選手達に揉まれ確実に成長しております。
個人的にも非常に楽しみな選手であります。

チャンジュ
1Rに相手選手であるケンタロウ選手のタイミング良いストレートを貰いダウンを喫してしまう。
しかしその後ダウンを取り返すべく常に前に出て攻撃を仕掛ける。ボディへのパンチも効かせケンタロウ選手を下がらせ、組んでも力負けせず組み倒す場面もあり、終盤パンチを振るって、前蹴りで止められそうになるも強引に追う展開で終了。
ダウンポイント分厳しいかと思われたが、ダウン後の攻勢を評価され価値ある引き分けとなった。
試合後チャンジュ談:「あのパンチは効きました・・自分がああいうダウンするとは思わなかったデス。」・・・試合終了後チャンジュがリングを出る時にロープ上げて待っていたら全然違う所から帰ってしまい・・・で、先に控室に戻っているのかと思ったら居らずしばらく帰って来なかった・・・「ボーっとしてウロウロしてました・・・」←かなりパンチが効いたみたいです(笑)
試合後ケンタロウ選手が挨拶に来てくれ、ボディへのパンチが効きました・・・と語ってくれた。礼儀正しいスポーツマンで好感が持てる選手でした。お互い全力で戦った後のノーサイドって気持ちの良いものですね。ケンタロウ選手も今後頑張ってほしいです。

momo&chanju.jpg

今年最後のOGUNIからは12/9金のKRUSHに一輝選手が出場。
相手は強豪の水落選手であるが、一輝のスタイルとがっちりかみ合う試合になれば楽しみである。
ここ最近の一輝から、何かやってくれそうな期待が個人的にもあり(笑)楽しみであります。

posted by 管理者 at 22:44| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年11月29日

プロテスト合格者

11/26 OGUNI-GYMにてプロテストが行われました

OGUNI合格者

フェザー 増田 世理夫 ・ 山口 修一郎
ライト 飯島 昌平 ・ 下田 將裕
ウェルター 宮下 哲 ・ 加藤 周 ・ 山下 誠二

おめでとうございます

次回プロテストは2012/4/29(日)OGUNI-GYMにて開催予定です
posted by 管理者 at 00:21| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年10月11日

10.10

10/10(月祝)東京と北海道で行われた興行にOGUNIからTOMONORI/鈴木翔也の2選手が出場。

鈴木翔也選手は残念ながらダウンを奪われ判定負け。
連敗が続き悔しい結果が続くが頑張ってほしい。
まだたくさんの可能性を秘めた選手だけに、この苦しい今を是非とも乗り越えて次こそ勝利してほしい。
頑張れ翔也!

北海道のZEPP札幌で行われたBOUTの記念すべき10回大会。
メインにTOMONORI選手が出場。
相手は総合格闘家のATCHアナーキー選手。サウスポーから威力あるパンチを振り回すファイター。
試合は序盤から切れのあるミドルとローでATCH選手を寄せ付けず、膝や前蹴りも効かせ、2Rに打ち合いに行きパンチでダウンを立て続けに奪う。
ATCH選手、2回目のダウンでカウントギリギリで立ち上がるもカウントアウトとなりKO勝利となった。
3月から札幌にジムをオープンし、故郷を本拠地として活動するTOMONORI選手。
勝利後、選手としても活動は勿論続けるが、北海道にキックの素晴らしさを伝え、一般の人も気軽にキックを楽しく出来る環境を提供していきたいと語ってくれた。
選手としての実力は今更言う事は無いが、指導力とその人柄に彼を慕う選手や一般の方も多く、TOMONORI選手が東京を離れてしまうのはとても残念だが、北海道での活躍を期待したい。
TOMONORI選手のジム情報(ジム名現在未決定)は分り次第こちらでもお知らせします。
posted by 管理者 at 21:19| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年09月20日

試合情報

今後のOGUNI選手の試合情報

9/23(金)RISE(ディファ有明)
 KEN VS ノ・ジェギル 
完全復活のKEN 韓国ムエタイ協会ミドル級王者と

9/24(土)KRUSH(後楽園ホール)
 一輝 VS TaCa
ハードパンチャーと対戦

9/25(日)MA(後楽園ホール)
 岩井 伸洋 VS 町田 光 
MA日本スーパーフェザー級王者と

10/2(日)WBC(後楽園ホール)
 幸二郎 VS 闘魔
王座決定戦に大抜擢 強敵相手に試練の一番
            
 大槻 直輝 VS 加藤 竜二
強敵相手に連続防衛戦

10/10(月祝)KRUSH(新宿FACE)
 鈴木 翔也 VS 公式発表がまだの為後日
鶴谷・凌太に続け!

10/10(月)BOUT(ZEPP札幌)
 TOMONORI VS ATCHアナーキー
地元札幌で強打の総合選手と対戦

10/30(日)MA興行(山梨)
 望月 勇努 VS 若月 勇磨
8/21デビュー戦は判定負けしてしまったが初勝利を期待

posted by 管理者 at 11:52| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年09月05日

9.4 ムエタイオープン

9/4(日)新宿FACEにてムエタイオープンが開催され、
アマチュアマッチに石井/山口の2選手とプロ興行に凌太選手が出場しました。

〜アマチュアマッチ〜

 今回が初参加となる山口君、初回からパンチのラッシュを仕掛け相手を下がらせる。
セコンドから蹴り!の指示があるが、パンチ一辺倒になってしまい、後半は相手のガードの上からパンチを叩き蹴りを返される展開になりつつあり、1R終了後コーナーに戻ってきた時はかなりバテている様子(笑)。
2Rも基本パンチで押すが後半ようやくセコンドの声が届き蹴りも出し見事勝利を飾った。
こういう事は言葉で説明されただけではなく、実際にやってみて実感するもの。
勝利は勿論今後の戦い方や練習の為にも色々と良い経験になったはず。
次は間違いなく成長した戦いを見せてくれると期待しております。

 今回アマチュア大会のセミファイナルに出場した石井君。
恒例である試合前の超ネガティブモード(笑)。
相手選手がどれだけ強いのか、どれだけ自分が早く家に帰りたいか(?)を説明してくれたのだが(笑)・・・その発言に対し、そんなことはないと気持ちを高めてあげようと石井君の良い(面白い)所をいくつか挙げ励ましたつもりが、「でも・・・」とネガティブ発言のカウンターを返される(笑)。今回の試合はHATURATUAクラス、ヘッドギア無しだからワセリンで髪型を思いっきり七三に固めてリングに上げてやろうかと思ったが我慢(笑)

 試合はサウスポーで鋭い蹴りを放ってくる相手選手にガードはしっかりしているも攻めあぐね、序盤は距離がつかめずうまくヒットしない場面も、時折攻撃を当てるもお互いクリーンヒットを許さず終了。
最終ラウンドはとにかく踏み込み蹴り、パンチを出すよう指示するも、今一歩踏み込めず引き分け。自分的には勝利を逃した感のある引き分けであった。

 えーと、まず試合前の超ネガティブモードについて(笑)
試合への気持の持って行き方はそれぞれだから全否定はしないけど、終盤のあの場面は技術云々ではなく、絶対勝つ!その為には・・・とその気持ちを勝利につなげる行動だと思うよ(同日プロ興行で勝利した凌太選手みたいに)。

 ポイントも恐らくイーブン、時間も残り少なく相手を待ってからの攻撃は得策とは思えず、お互い消耗しているがここは行くしかない・・・でもできなかった。
相手がそうさせなかった、早く家に帰りたかった等色々要因や反論はあるかもしれないけど、何故こうなったか・・・そういえば試合前からマイナス発言が多く、それが試合に出てしまったのかも・・・と思われても仕方がないよ。
試合前は相手選手がものすごく強く思え、ネガティブになる選手もいるけどそれは練習時の事で、その為に練習を頑張るという糧にし、試合直前にはその為に頑張ってきたんだからやるしかないと開き直っている選手が勝利を手にする事が多いと思っているよ。
まあ、ずっとマイナス発言をしていても、ゴングが鳴った瞬間に強さを見せ、弱気を全く見せない選手もいるし、気合い入れ過ぎ気負い過ぎてカラ回りしてしまう場合もあるので、絶対とは言えないけどね。

 せっかくの練習試合、技術もだけど、気持の持って行き方も色々試してほしい。
なので次はこれだけ練習してきたら勝利しかありません!と自信(過信はだめよ)を持って挑む。
たとえ本心はどうかな?と思っていたとしても、そう言う事によって本当に出せる場合もあるし、それが出来ればそれが一番良い集中力の高め方だと思うよ。
それか、同じネガティブモード全開だけど、試合ではあっと言わせる勝利をして、あのうるせーコーチを見返してやる・・・でも大歓迎ですが(笑)
・・・少々厳しい事を書きましたが期待しているので頑張ってください。

2011.9.4.jpg山口君とサイボーグ石井君(TOMONORI選手命名)

〜プロ興行〜

第7試合に凌太選手出場
サウスポー相手に対しいろいろと作戦もあったのだが、相手選手の巧さと強さもありなかなかうまく行かない展開。組む展開では膝をヒットさせるもロープを背負っての攻防が多く見られ、どちらとも攻勢にも取られかねない展開のままお互い決定打が無く試合は延長の4Rに突入。
このR取った方が勝利・・・絶対にここで行かなきゃ場面。
高津さんからも気合い注入され(笑)気迫で前に出続けパンチをヒットさせて接戦を制した。

2011.9.4ryouta1.jpgおめでとう

前回見事な勝利をし、大和魂ブラ(TOP画面)を持って応援に駆けつけてくれた鶴谷選手(試合直前に装着拒否されていたけど(笑))、10月にKRUSHに出場する鈴木翔也選手も応援に駆けつけてくれた。
この3人はほぼ同期でデビューしお互い応援試合キツイ練習をがんばっております。

これからのOGUNIの鶴(鶴谷)・凌(凌太)・翔(翔也)トリオの活躍が非常に楽しみです。
posted by 管理者 at 13:35| Comment(2) | OGUNI NEWS

2011年08月25日

ダイエットスクール開始

9/7より
毎週水曜日17:45〜19:45までOGUNIジムにおいてダイエットスクールが始まります。
詳細は当HPのダイエットスクールをご覧ください。
posted by 管理者 at 12:57| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年08月22日

試合結果

8/21(日)大森ゴールドジムで行われたNJKF興行「TREASURE HUNT」に望月、戸張選手、後楽園ホールで開催されたJ−NET興行に鶴谷選手が出場しました。

望月選手は今回がデビュー戦、戸張選手は2年ぶりの試合でしたが両選手とも残念ながら判定負けでした。

鶴谷選手は持ち味の粘り強さを発揮し延長で判定勝ちを収めました。
2011.8.21tsuru.JPG写真提供 凌太選手

posted by 管理者 at 00:14| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年08月08日

8/7 TOMONORI KO勝利!

8/7(日)有明コロシアムにてTHAI FIGHTが開催されTOMONORI選手が出場

対戦相手のラチャシー・ポーシリポン選手はアディソンスタジアムのフライ級王者。
正式決定前は地方王者でパンチ主体の選手でオーソドックスとも聞いていた気がしたのだが・・・(気のせいでした(笑))。

 試合が始まるとサウスポーでじっくりと構えるラチャシー選手
・・・視線を下に向けじっと構える姿は、こちらが間合いに入ってくるのを何か狙っている様で不気味さを感じさせる。
序盤はパンチからローで崩し、蹴りからパンチにつなげる作戦も考えていたのだが、1R終盤から
2RにかけてTOMONORI選手の右ミドルが良く決まる。
しかしラチャシー選手もTOMONORI選手の攻撃後にミドルを返しそれ以上の攻撃をさせない。

2Rに入り組みついて来るラチャシー選手だったが、TOMONORI選手は良く動き組み際離れ際にフック、アッパーを入れそれ以上の攻撃をさせない。
R終了間際にはパンチでコーナーに詰め回転蹴りを出し会場を沸かせる。

インターバル中、高津さんから強いパンチで大きいの狙って大丈夫とGOサインもでた最終3R。
パンチ連打をヒットさせた後、再び間合いに入った瞬間にTOMONORI選手の強烈な左フックがヒットしバタリと倒れるラチャシー選手。
そのまま起き上がれずTOMONORI選手の鮮やかなKO勝利となった。

2011.8.7 2.jpg
ムイさん&TOMONORI選手&高津さん

試合後、サウスポーへの攻撃でインローの組み立ても考えたが、相手が肘を狙っていたのでローはあまり使わなかったとも語ってくれた。

 序盤にパンチで不用意に飛び込んでいたら攻撃をあわせられ、違う展開になっていたかもしれないが、序盤はミドルキックを効かせ、その防御と受けにまわらせカウンター攻撃をさせなかった。
そしてそれまで蹴りで間合いに入ってきた相手に対し、蹴りの受け体勢で反応した相手に強烈なフックがヒットさせKO・・・いやあ お見事でした。
↑えー、これは結果ありきの後付け自分勝手な解説であります・・・
鮮やかなKO勝利にうれしくてあれこれ考えたくなり書いたまでであります・・・恐らく違うのでここはさらっと読み流してください(笑)
試合告知で「2007.7.29のラッタナデェ 2戦目の再現なるか」と書かなかったのを後悔しております(笑)

試合開始の何時間も前から集まってサポートしてくださったチームTOMONORIの皆さん
お疲れ様でした

応援に来て声援くださった皆様ありがとうございました
posted by 管理者 at 00:51| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年07月23日

R.I.S.E

後楽園ホールで行われたR.I.S.E興行にKEN選手が出場
1Rからパンチ、膝の怒涛の攻撃でダウンを奪い、膝で相手選手の額をカットし1RTKO勝利。

20110723.jpg


posted by 管理者 at 23:38| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年07月22日

プロテスト合格者

7/17 OGUNIにて行われたプロテストのOGUNI合格者

ライト級 山田 誉主哉

今回はOGUNIでは山田君のみ合格でした。

次回は11/26(日)OGUNIGYMにて実施予定です。

筆記・実技(スパーリング)どちらかの合格している方は、次回は不合格だった科目のみ受験となります。



posted by 管理者 at 00:35| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年07月21日

設置しました

 先週注文していた扇風機(工業用)が届いていたので組みたてました。
安価だったので開けてみたらものすごい簡単な作りで組み立ては10分もかからず完成。
これでリングがすぐに乾けばよいのだが・・・。
DVC00084.jpg

現在3Fに大量のグローブが吊るされております。

DVC00081.jpg

試合で使用したグローブに付いた血と汗とワセリンとテープの残骸をふき取り干しております。
全てふき取り干すのは結構手間がかかりますが、次回の為にはやらねばならぬ作業であります。
今回はメインで使用した赤いグローブにものすごい血の量が・・・拭いたタオルが真っ赤になりましたであります。

posted by 管理者 at 00:44| Comment(0) | OGUNI NEWS

2011年07月18日

7/17興行 結果

7/17(日)後楽園ホールにてNJKF興行があり、
OGUNIから大槻・一輝・中須賀の3選手が出場、
一輝・中須賀は王座防衛戦という大事な一戦でした。

大槻/一輝の試合は中須賀の準備の為見る事は出来なかったので結果のみで失礼します。

大槻 直輝 VS 山野 寛之(チームドラゴン)
1-2の判定負け・・・是非再戦を期待したい

一輝 VS 宮越 慶二郎(拳粋会)
NJKFライト級防衛戦となった一戦
5Rにダウンを奪われ判定負けとなり王座を失ってしまった・・・残念。

中須賀芳徳 VS 石川 直生(青春塾)
両選手気迫のこもった5R 肘/膝有り、キックボクシングの魅力が満載のフルラウンド緊張感のある激闘となった。

石川選手はインロー、ボディへのパンチ、ハイキックと攻め立て、中須賀はミドル、前蹴り、組んでも攻勢をとり左ストレートも良くヒットさせる。
どのラウンドも山場があり見応えのある打ち合い、接近しても1発で展開が変わりかねない肘/膝が交錯し、どの距離に居ても気を抜ける場面は一つもないスリリングな展開続く中、迎えた最終R。
有効打でポイントはリードしているとは思われたが、石川選手の気迫に応える様に打ち合いに挑み肘を貰い出血、かなり傷は深いがここで怯む事無く攻撃を続けダウンを奪う。
そのあとドクターチェックが入るが残り十数秒・・・
これがもっと早いラウンドだったら、試合を止められかねない程の深い傷であったのは確かだが、
最後まで闘志を切らさずに戦い続け勝利を引き寄せた。

勝利を告げられると安堵の表情を浮かべ、急にフラフラになり自力では立てない状態になったが、フルラウンド緊張を切らさずに最後まで全力を出し戦い切った証・・・激闘であった。
かなりの出血で心配されたが、試合終了後は普段の状態に戻り、
「楽しかったです」と普段は我々にはあまり見せてくれない満面の笑み(笑)で振り返った。
石川選手も素晴らしい選手で中須賀一人では絶対に作り上げられなかったすごい試合でした。
キックボクシングの魅力を再認識させてくれる素晴らしい戦いを魅せてくれた両選手にお礼を言いたい。
ありがとうございました。

サポート・応援してくださった皆様ありがとうございました。


追記
posted by 管理者 at 17:31| Comment(2) | OGUNI NEWS

2011年07月13日

ガンバ理容室

元OGUNIメンバーで選手としても活躍した「ガンバ黒田」こと、黒田君が勤務する高島平にある理髪店『理容室シャルダン』を宣伝してあげてください。

と、これまた元OGUNIメンバーでガンバと同じライト級で活躍した「イキボッキ」こと飯塚君から連絡が来たので紹介します。

「理容室シャルダンのブログ」http://ameblo.jp/hairsalon-shaldan

ブログ内でのニックネームは何故か「愚地独歩」・・?

わからないので検索してみた。

『愚地独歩(おろちどっぽ)は、板垣恵介の漫画作品『グラップラー刃牙』シリーズに登場する架空の人物である。』

・・・この漫画は興味無いので知らないし、イキボッキ氏からの紹介だったので、検索して判るまで「グチドッポ」と読んでました。

「シャルダン」の意味も気になったので調べてみた。

『フランスの画家。パリ生れ。18世紀フランス絵画の主流であった宮廷的なロココ絵画とは対照的に,台所の什器類を主題とする静物画や庶民の日常生活をテーマとする作品を多く残した。』

これはグラップラーとは関係ないんだね(笑)

ロココが多少気になったのでこれも検索。
『18世紀、ルイ15世時代のフランスを中心に欧州で流行した美術様式。』

へー、家具とかでロココ調とかって聞いた事あるな。

全然紹介になってないや・・・(飯塚君ごめん)

まあ本人が見たら店名の由来やグチドッポについて書き込んでくれたら幸いであります。
posted by 管理者 at 00:41| Comment(4) | OGUNI NEWS