2015年05月12日

5.10 NJKF3rd

5/10後楽園ホールにてNJKF 3rdが開催され、関根・山崎の2選手が出場しました。

【関根”gaia”朝之】判定勝
 怪我によって前回の試合から1年のブランクを余儀なくされてしまったが、この日のためにすぐに練習に復帰した。彼の練習や試合に対する姿勢、キックに対する熱い想いは見習うべき部分がたくさんあり、その想いの通りに日々の練習に打ち込んできた。
 試合は序盤から、関根選手の持ち味である運動量で動き回り、左右の蹴りをヒットさせ、2Rにはパンチでダウンを奪う。相手選手も強い攻撃を持っており油断はできなかったが、最後まで動きを止める事無く手数、有効打、ダウンを奪い勝利した。
 前回の試合は負けた訳ではなかったが、悔しい結果と大怪我からの復活もあり、完全復活と言いたい。
 デビューから2連敗してしまったが、2試合とも僅差で決定的な差がついての敗戦ではなかったと記憶しております。ですが、当時連敗後に控え室で、これからもっと努力して絶対勝ち、更に上に行くと宣言してくれ、それを今まで有限実行してくれております。
 試合後の感情の高ぶりから、次は絶対勝つのでそのため全力で頑張ります・・と言ってくれる選手は今までたくさんいましたが、そのまま日々の生活に追われ?悔しい気持ちが薄れ、次ぎがある事は無くフェードアウトしていった選手もおりました。熱い想いを持ち続け、他を犠牲にして頑張り続けるのは本当に大変な事と分かっているつもりなので、そうなってしまった人を責めるつもりはありません。関根君はその想いを持ち続け、試合を重ねるごとにますます強くなり、怪我のブランクさえも次へのステップアップの為と捉え努力してきました。恐らく本人の想いもですが、周りのサポートしてくれる方々、理解してくれる方々にも恵まれているのでしょう。
勝負なので、努力だけでは報われず運に左右されることもありますが、努力で土台がしっかり作られている選手は、多少のことでは崩れることは無く、これから運も味方してくると信じております。

【山崎 遼太】1RKO勝
デビューから負けなしの5連勝を飾り2014年度のNJKF新人賞を受賞し今回の試合まで6戦6勝と負け知らずの山崎選手。今までピンチらしいピンチを迎えたことが無く、今回の相手選手は山崎選手より何倍もキャリアもあり、我々は苦戦を予想していたのだが・・・。
試合が始まり、序盤にパンチの交錯があったものの、クリーンヒットしたという感じは無かったが、相手選手が何か足に力が入っていない状況。組んだ展開になっても簡単に倒れてしまう・・・パンチが効いている?その後再びパンチをあてダウンを奪い、相手選手は立ち上がるも続行不可能でKO勝利となった。
(後日談:山崎選手本人はパンチが効いていたのは分かっていたそうです)
いやあ、山ちゃん、お見事でした・・・そしてあやまるよ・・山ちゃんごめん。
我々コーチ陣は大抵は良い展開と悪い展開を考え、基本悪い展開を想定することが多く、今回試合が決まった時も、絶対苦戦する、思い通りに試合をさせてもらえない!と彼を脅した(笑)ものでした。
しかし、本人は至って楽観的に「いやあ、大丈夫っすよ」とさわやかな笑顔で返してくるものだから、「結果勝つとしても少しは苦しむがいい(笑)」と思ったりもしたのだが・・・。
(勿論、彼は自分を過信し、周りの言うことを聞かないとか、甘く見て練習もあまりしない、という事は一切なく、素直で礼儀正しく、きつい練習も頑張っておりました。)
・・・結果は彼の言った通りでした。
さすがに次の試合が決まったら、「相手も研究してくるし、今度こそは絶対に思い通りにはならないよ」と我々は懲りずに言うことでしょう。
でも、山ちゃんなら「いやあ、大丈夫っすよ」と笑顔でスカっと勝ってしまう気がしております。

2015.5.10.JPG
脅威の当て勘 強パンチのザキヤマ   山崎選手
トップギアで駆け抜ける上下左右の連続攻撃   関根選手 
これからこの2選手に注目ください
posted by 管理者 at 17:26| Comment(0) | OGUNI NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]