2015年05月02日

EXPLOSION

4/29(日)新宿FACEにてアマチュア大会EXPLOSIONが開催され、
木村・鈴木・小林・大久保・亀井・宮野の6選手が出場しました。

木村 弘志(判定勝)
蹴りを上下左右に繰り出し、ジャブ、ストレート、フック、アッパーと色々な攻撃を見せてくれた。
まだこれで実践は2試合目なのでこれだけでも十分ですが、相手攻撃をパンチだけでなく蹴りもブロック、そしてスウェーでかわす、ジャブや前蹴りで攻撃を出させない・・等々防御でもバリエーションをみせてくれたらパーフェクトであります。
いやいやまだ2戦目の木村君に対して求めすぎ・・・と思われるでしょうが、そう思わせる程の出来でした。

鈴木 智博(判定勝)
力が入り序盤は蹴りは硬かったが、蹴りがあまり距離が出ないと判断するや前に出てパンチでの攻撃主体に攻め、組みの展開でも上回り判定勝ち。
相手選手が離れた距離からかなり大きいモーションで蹴りを繰り出し、鈴木選手がそれを下がってかわし空振りさせる・・という場面が幾度もありました。
全力の空振りはものすごく疲れます・・・実際相手選手も何度か空振りをしたあと顕著に動きが鈍ってしまいました。しかしこれも実際に試合に出て全力で戦ったからわかった課題。
恐らく次はこの課題を克服し試合に挑んでくることでしょう。
自分の攻撃距離をしっかりと把握し初動作を修正するのか?
それとも何度空振りしてもロスしないスタミナをつけてくるのか?
あ、ほとんど相手選手の話になってしまいましたね・・・。

小林 昭仁(判定負)
接近してパンチの打ち合が多い展開となり、手数で上回られ判定負け。
序盤はパンチで押され下がる場面もあったが、後半はプレッシャーにも負けず果敢に打ち返し、パンチをクリーンヒットする場面もありました。
相手攻撃の当たる距離に身をおいて戦うというのは心身ともにものすごく削られます。
その緊張感が好きであえてそこに飛び込むタフな選手もおりますが、普通の人であれば誰でも相手の全力の攻撃をまともに貰いたくありません。
ですが、あの距離での緊張感、なんともいえない感覚は本気の戦いの中でしか味わえないものでもあります。
この緊張感が、辛くてキツイけどまた経験したくなるという中毒性の一因でもあるのかもしれませんね。

大久保 貴博(引き分け)
パワーで押してくる相手選手に序盤は後手に回ったが、後半蹴り主体で盛り返す。
試合前のアップで、「パンチと膝だけでいいです」とリクエストがあり、
屁理屈・・いや理論派の大久保君、何か考えがあるのだろうと思っていたのだが・・・。
前半の突進が祟り、後半失速しボディが効いているであろう相手選手
「おお、さすが大久保君、この展開を予測してのアップだったのか!」と思ったのだが、
絶好のチャンスにほとんど膝を出さずDRAWに。
大久保君、あのアップでの膝練習は何だったんだ(笑)。

亀井 海(判定勝)
今回が初試合となった亀井君。
多少の硬さはあるものの、なかなか落ち着いて戦い、攻撃をもらってもパンチ・蹴りをすぐに返し、課題に挙げていた左ミドルもクリーンヒットさせ、終了間際はパンチ連打で押し切る様指示を出すとその通りに動いてくれた。
初試合であの動きは上出来です。
試合の動画を観てよかった所、悪かった所を見つけ次の練習に役立ててください。
翌日ジムにて亀井君と一緒に試合のビデオを見ていた山ちゃん(http://ogunigym.com/ogunimember/hamayarawa/yamada/yamada.htm
に、「先輩選手からアドバイスをしてあげて」と言ったところ。
「もうちょっと日焼けした方がいいですよ」との事(なんのこっちゃ)。

宮野 昌紀(判定負)
アドバイスにも真摯に耳を傾け努力する真面目な宮野選手。
自分からの課題は「相手攻撃を受けても下がらずに前に出る」であった。
また宮野君にどういった戦いをしたい?と聞いた所、首相撲を練習したので組の展開に持ち込みたいと話しておりました。
試合が始まると相手攻撃を受けても下がらずに前に出続ける。
前にでるという思いが強すぎたのか、あまり攻撃は出せず攻撃を受けながら前に出て相手に組むも膠着してブレイク。ブレイク後前にでるも攻撃を貰い組みに行き膠着してブレイク。
終始前に出続けたが攻撃のヒット数を上回られて判定負けとなってしまった。
今回の課題「攻撃を貰っても前に出る」は十分実行できたので、次は攻撃をしてみましょう(笑)

2015.4.29ama.jpg
鈴木・小林・大久保・木村・宮野・亀井の6選手

なんか変なテイストの感想になってしまいましたが、
後日プロ興行/DUELでの「日下・望月・MOMOTARO」3選手の試合感想で斬って斬って斬りまくったろうと思います(嘘です)。
posted by 管理者 at 10:48| Comment(0) | OGUNI NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]